주요 기사 바로가기

韓銀総裁「物価目標、無理には達成しない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.24 10:22
0
金仲秀(キム・ジュンス)韓国銀行(韓銀)総裁は22日(現地時間)、無理をしてまで物価の目標値を達成する考えはないと明らかにした。事実上、金利据え置きの可能性を表したのだ。

国際通貨基金(IMF)・世界銀行(WB)年次総会に出席するためワシントンを訪問中の金総裁はこの日午前、国内の記者と懇談会を開いた。この席で金総裁は「金利正常化の基調に変わりはないが、利上げをするためにはまず資金が流れる事情に目を向ける必要がある」と述べた。「国際金融市場が不安定な状況では、どの程度を物価安定で見るのか悩まなければならない」とも話した。

金総裁は今月初めの金融通貨委員会で「今年の物価目標値4.0%は達成できない可能性もある」と話していた。これに関し金総裁は「費用を支出してまでも目標に合わせるのか、それとも適切な政策の組み合わせに行くのかという問題」とし「経済に無理を与えるのは難しい」と語った。金総裁のこうした発言は、対外条件が不確かな状況では、物価ばかり考えて利上げするのは難しいという意味と解釈される。

韓銀金融通貨委員会は7月から3カ月連続で政策金利を3.25%に据え置いてきた。金総裁は「とはいえ物価をあきらめたわけではない」とし「過去にも(物価に対する)強い政策は常に失敗してきた」と述べた。

金総裁は国内株式市場から外国人資金が流出することに関し、「韓国の展望が悪いわけではなく、欧州が資金を必要として持ち出すものなので、憂慮することではない」と話した。韓銀が中国人民元建て債券に対する投資を増やすという説については、「中国や米国など相手があることであり、あれこれと話すのはよくない」として言葉を控えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP