주요 기사 바로가기

ヒョンビンが訪れた豚の皮専門店が“ソウルのドラマ名所”に(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.23 11:55
0
1/3
ソウル竜山区青坡洞(ヨンサング・チョンパドン)「サンテポ・ソグムグイ」
いまやテレビの連続ドラマはただの“暇つぶし”ではなくなった。私たちの疲れた人生を慰めるだけでなく、旅行レジャーの行楽地にまでなった。ドラマでメーン舞台として登場した場所は、皆一様に名所になり人々をひきつけている。

そんな場所全てが華やかで特異なわけではない。山の中にある一軒屋や古ぼけた焼肉屋もある。しかしここにはドラマがくれた楽しい思い出でいっぱいだ。昨年から今年にかけて放映された6本のドラマのうち、ソウルで撮影された10カ所のロケ地を紹介したい。1日1カ所ずつ回っても、週末に数カ所まとめてデートコースとしても楽しい。

1、ソウル竜山区青坡洞(ヨンサング・チョンパドン) 「サンテポ・ソグムグイ」

ドラマ「シークレットガーデン」のアクションスクールの学生が会食をしていた豚の皮専門店。

豚の皮を口の中に放り込み、もぐもぐさせながら食べていたキム・ジュウォン(ヒョンビン扮)。この場面の舞台だったのが「サンテポ・ソグムグイ」で、同店の壁にはこれまでここで撮影された映画やドラマなどのポスターが所狭しと張られている。地下鉄4号線「淑大入口駅」10番出口から徒歩5分。問い合わせ:02-707-1380

2、ソウル竜山区漢南洞(ヨンサング・ハンナムドン) 「イテウォンランド」

ドラマ「シークレットガーデン」のキム・ジュウォンとキル・ライムの体が初めて入れ替わったチムジルバン。

済州島(チェジュド)を訪れたキム・ジュウォン(ヒョンビン扮)とキル・ライム(ハ・ジウォン扮)は、お酒を飲み交わすうちに眠たくなる。翌朝、2人はチムジルバンで互いの体が入れ替わっているのを知って仰天する。済州島にあると思われていたこのチムジルバンが漢南洞にあった。イテウォンランドは、ドラマ「パリの恋人」「ごめん、愛してる」「華麗なる遺産」などにも出てきたロケ地の名所。「シークレットガーデン」の撮影は、1階と4階で行われた。地下鉄6号線「梨泰院駅」3番出口から徒歩10分、右側にある。問い合わせ:02-749-4122

3、ソウル江南区大峙洞(カンナムグ・テチドン) 「ポスコセンタービル」

ドラマ「私の心が聞こえる?」ユギョングループ社屋

ドラマ「私の心が聞こえる?」のメイン舞台となったウギョングループ。ドラマに出てくるウギョングループの社屋の大型水槽を見て、「こんなに素敵な水槽のある会社がどこに?」と思ったものだ。だが、実際にあった。ポスコセンタービルだ。ポン・ウリ(ファン・ジョンウム扮)とチャン・ジュナ(ナム・グンミン扮)が出会った場所でもあるこの大型水槽は、ポスコセンタービルのロビーにある。地下1階から地上1階を貫くこの熱帯海水魚の水槽は、直径5メートル、高さ9メートルで、円筒型水槽としては東洋最大規模。水槽の中には30種類以上300におよぶ珊瑚が群落をなしており、40種類以上2000匹の魚が泳いでいる。地下鉄2号線「宣陵駅」1番出口から徒歩10分。
ヒョンビンが訪れた豚の皮専門店が“ソウルのドラマ名所”に(2)

ヒョンビンが訪れた豚の皮専門店が“ソウルのドラマ名所”に(3)

ヒョンビンが訪れた豚の皮専門店が“ソウルのドラマ名所”に(4)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP