주요 기사 바로가기

【取材日記】日産「キューブ」方向指示器問題とグローバルスタンダード

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.05 15:24
0
韓国の自動車安全基準は果たしてグローバルスタンダードに合っているのか。 最近輸入された日産「キューブ」の方向指示器のため、また論議を呼んでいる。 「キューブ」の前面の方向指示器の間隔が「自動車安全基準に関する規則」第44条4項に合わないためだ。 この条項は「車両前面部の方向指示灯は車体幅(全幅)の50%以上の間隔をおいて設置すること」と規定している。 車が左右のどちらの方向へ行くのか明確に表示するためだ。 「キューブ」の全幅は1695ミリ。 国内基準によると間隔は847.5ミリ以上でなければならない。 ところが820ミリで、基準を満たしていない。

この基準を満たせない場合、車は原則的に国内の道路を走ることができない。 しかし韓国日産は問題ないという立場だ。 根拠とするのは同一規則内の別の条項である第114条7項。 「外国の基準による試験成績書をこの規則の安全基準による試験成績書として判定できる」となっている。 いわゆる「グローバルスタンダード規定」だ。 韓国日産の関係者は「キューブの方向指示器は米国の自動車安全基準を遵守しているため、国内基準にも適している」と述べた。

国内自動車安全基準とグローバルスタンダードの差をめぐる議論は今回が初めてではない。 代表的な例として、自動車が動く方向によって前照灯が照らすところが変わる「照明可変型前照灯システム」が挙げられる。 2000年代序盤に外国で認証され、高級車種に装着され始めた。 しかし国内に輸入される車は08年以降になって装着することができた。 当初「自動車安全基準に関する規則」第38条3項は「前照灯が照らす方向は進行方向と同じでなければならない」と規定していた。 このため輸入車業界は長期にわたり該当条項の改正を要求し、08年「前照灯が照らす方向は自動車の進行方向または進行しようという方向と同じでなければならない」と改正された。

今年6月には在韓欧州連合(EU)商工会議所が、韓国の自動車安全基準のうち乗客座席の規格などの条項が国際基準に合わないと指摘した。 このように欧州と日本から車の安全基準に関する請願が相次いで提起されている。 果たして国際基準に従うのがよいのか実益をもう少し確認し、不必要な通商摩擦を招く誤解が解けるように知恵を集めなければならない時期だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP