주요 기사 바로가기

マッコリ市場、韓国は停滞、日本は拡大(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.01 17:25
0
この数年間、酒類業界に旋風を起こしたマッコリ(濁酒)が、韓国と日本で異なる道を歩んでいる。 昨年急激に拡大した韓国マッコリ市場は今年に入って成長の勢いが鈍っている。 統計庁が発表した資料「品目別鉱工業生産量」によると、2009年上半期の濁酒生産量は8万6884キロリットル、2010年上半期は17万9786キロリットル、2011年上半期は19万1053キロリットルだった。

流通業界でもマッコリは相対的に増加率が低かった。 「Eマート」の酒類販売調査結果によると、国産ビールの今年上半期の売上高は7.2%増えた半面、 マッコリは1.5%増にとどまった。 マッコリは以前に比べると人気が高まったが、焼酎やビールに肩を並べられるかどうかは相変わらず疑問だ。 酒に対してやや保守的な韓国消費者の性向、保管と流通が難しい生マッコリの特性などが成長の障害となっている。

◇ビールの売上増加率を大きく下回る

市場状況も独占体制にあり、中小企業が参入するのは難しい。 マッコリの人気が上昇した昨年、大小の酒類会社が競ってマッコリ市場に進出した。 しかし今年1-3月期基準の全国シェアを見ると、「ソウル濁酒」が50%、「麹醇堂(ククスンダン)」が20%と、2社で全体市場の70%を占めている。 強力な流通網を保有する2社の勢いに押され、その他の会社は苦戦している。

韓国酒類産業協会によると、マッコリ醸造場を保有する会社は全国に800余りある。 このうち半分が年間売上高が1億ウォン(約750万円)に達していない。 リュ・インス家醸酒協会会長は「地方に根付いた醸造場は地域の流通網を根幹に命脈を保ってきたが、市場競争が激しくなり、大企業の製品が地方まで広がったことで、経営難に苦しんでいるケースが多い」と説明した。 マッコリ市場は拡大したが、従来の独占会社の売り上げが増加しただけで、中小会社は市場から押し出されているのだ。
マッコリ市場、韓国は停滞、日本は拡大(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    マッコリ市場、韓国は停滞、日本は拡大(1)

    2011.09.01 17:25
    뉴스 메뉴 보기
    東京の韓国料理店で日本の女性がマッコリで乾杯している。
    TOP