주요 기사 바로가기

韓国の学生らの幻想と現実…就職すると

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.24 16:23
0
「社会人になればオフィステル(オフィス兼住居ビル)に住めるかも」

就職活動をしている韓国の学生らが抱いているこのような幻想は、大部分勘違いであることが分かった。就業ポータルサイト「キャリア」が社会人576人にアンケート調査をした結果だ。調査によると、79%が学生時代に社会人に対して幻想を抱いていたという。しかし、現実との一致度は「20%未満」と答えた者が37%で一番多かった。続いて「20~40%ほど一致」(24%)、「全く違う」(21%)、「一致」(12%)の順だった。

学生時代に抱いていた幻想として最も多かった回答(複数回答)は、「ワンルーム・オフィステルでの一人暮らし」(58%)だった。続いて「カッコいい車で音楽を聴きながら出勤」(43%)、「海外で過ごす夏の休暇」(29%)の順だった。「塾・セミナーなどで自己啓発」(27%)、「流暢な外国語でプレゼンテーションする」(26%)、「仕事後に高級バーで友人と会う」(26%)、「スポーツジムで毎日運動」(21%)と選んだ回答者も少なくなかった。

ファンタジーと最も異なる現実の姿としては、「仕事で忙しくて自己啓発する時間がない」(25%)が一番多く選ばれた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP