주요 기사 바로가기

“悪夢の夜” 韓国サッカー、絶体絶命の危機

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.08.11 08:33
0
恥辱の歴史が刻まれた。悪夢のような夜だった。韓国サッカー代表チームが日本に完敗した。

韓国は10日晩、北海道・札幌ドームで行われた日本戦で前半に1失点、後半に2失点し、0-3と崩れた。前半35分、香川真司(ドルトムント)に先制ゴールを決められた。後半7分には本田圭佑(CSKAモスクワ)、後半9分にはまたも香川に1ゴールずつ奪われた。日本を相手に3点差で敗れたのは1974年(東京、1-4負け)以来37年ぶりとなる。2000年代に入って続いていた日本戦アウエー無敗(3勝2分け)も6試合でストップした。

踏みにじられた。一瞬も主導権を握れなかった。最初に失点した後も、反撃どころか追加失点を恐れた。日本がパスワークで波状攻撃をかけるのとは対照的だった。

戦略から間違っていた。前日の公式記者会見で趙広来(チョ・グァンレ)監督は「パスプレーで日本を制圧する」と公言した。パスは日本が誇る武器だ。日本は過去20余年間、MF陣を中心に落ち着いて試合を組み立てるプレースタイルを進化させてきた。昨年開催されたアジアカップでもこうしたプレーで優勝した。

趙監督の発言は、相手が得意な「パスワーク中心のサッカー」で真っ向勝負して乗り越えるという意図だった。蛮勇だった。十分に準備せずプライドだけでぶつかった結果は惨憺たるものだった。

スコアだけでなく試合内容でも一方的に押された。日本は遠藤保仁(カンバ大阪)を中心に中盤で試合を組み立てた。パスタイミングは速く、ボールキープ力が優れていた。

韓国DF陣は日本の組織的なパスを遮断できず、いつも危険エリアでプレーした。早くから中盤を支配され、ボールを奪っても出すところがなかった。ロングキックでできるだけ遠くへボールを蹴るプレーを強いられた。1月のアジアカップ準決勝(PK負け)でのミスを繰り返した。

「慢性病」といわれているFWの決定力不足も相変わらずだった。何度か逆襲のチャンスもあったが、すべて不発弾になった。後半15分、金正友(キム・ジョンウ、尚州)のクロスに金信旭(キム・シンウク、蔚山)が頭で合わせたが、力もなくGKの正面だった。後半27分、奇誠庸(キ・ソンヨン、セルティック)のパスを受けた具滋哲(ヴォルフスブルク)のヘディングシュートもゴールを外した。後半31分には具滋哲が相手GKと1対1になったが、クロスバーを越えた。チャンスを逃した後は決まって逆襲を受けた。悪循環だった。

韓国サッカー代表チームは2014ブラジルワールドカップ(W杯)で8大会連続の本大会出場を狙っている。しかし実力が伴わないプライドだけでは何もできないということが今回の対戦ではっきりと表れた。

韓日戦はアジア舞台で韓国サッカーの現状を赤裸々に見せた。アジア地域3次予選を控えた韓国サッカーに与えられた時間は1カ月も残っていない。韓国サッカーが絶体絶命の危機に陥った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “悪夢の夜” 韓国サッカー、絶体絶命の危機

    2011.08.11 08:33
    뉴스 메뉴 보기
    韓国は10日晩、北海道・札幌ドームで行われた日本戦で前半に1失点、後半に2失点し、0-3と崩れた。
    TOP