주요 기사 바로가기

日本人女性が韓国などで日本人と卵子を取り引き

ⓒ 中央日報日本語版2011.07.27 12:01
0
朝日新聞が27日、日本の卵子斡旋業者が昨年から今年にかけ日本の若い女性100人以上を韓国やタイなどに送り、卵子提供を望む日本人の不妊夫婦に卵子を斡旋したと報じた。

卵子提供者が受け取る謝礼は1件当たり60万~70万円で、斡旋業者はインターネットを通じて提供者を募集し、約2週間にわたり韓国やタイなどに滞在させ排卵誘発剤を注射して卵子を不妊夫婦に提供しているという。

卵子の提供を望む人は提供者の写真と身長、体重、学歴、血液型、性格などのデータを参考に選択可能で、総費用は約200万円程度になる。

日本ではまだ関連法が整備されていないが、韓国では2008年の法改正で卵子提供者に宿泊費と交通費などの実費支払いを認めているが、卵子の提供自体は無償でしなければならないと規定している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP