주요 기사 바로가기

人種別「魅力的な美人像」合成写真が話題

ⓒ JES/中央日報日本語版2010.10.25 12:09
0



人種別「魅力的な美人像」の合成写真が出て話題だ。

一山白(イルサン・ペク)病院整形外科イ・スンチョル教授は、人種と民族別の顔の多様性を考慮した黒人、コーカシアン(白人)、中国人、日本人女性の魅力的な顔の論文を国際学術誌美容整形外科学会誌の最近号に発表した。

特にイ教授は人種別魅力的な顔を該当の国家の有名芸能人顔を合成して提示した。合成に使われた芸能人の顔は黒人13人、コーカシアン16人、中国人20人、日本人14人だ。

中国の美女顔は映画俳優ビビアン・スー、コンリー、タンウェイらの顔を合成したものであり、日本は歌手安室奈美恵や女優の沢尻エリカ、蒼井優らだ。魅力的な美人像の合成写真を見ると、日本の場合、相対的に長い顔にまぶたが上にあって、細いあごと広い頬を持っている。

一方、中国人女性は比較的狭い額と長細いあごをもち、韓国美人は肌の居ろが明るめで優しい目つきに長細い唇が特徴だ。

コーカシアンの女性は相対的に男性的な顔を見せながら目の縦の幅が小さく、鋭い目つきと、四角形のあご、突き出た額、厚い唇が特徴だ。

黒人女性は平均的な顔よりはもう少し小さくて鋭い目と薄い唇、狭い鼻と長細いあごを持っていた。

イ教授は「美人を人種、民族別多様性を考慮せず黄金率や黄金比を利用して統一的に分析することは不正確だ」とし「今回、合成した人種別美人顔が新しい美学的選好度を理解するの一助になる」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    人種別「魅力的な美人像」合成写真が話題

    2010.10.25 12:09
    뉴스 메뉴 보기
    人種別「魅力的な美人像」の合成写真
    TOP