주요 기사 바로가기

韓日外相会談、歴史問題の進展に向けて努力

ⓒ 中央日報日本語版2010.09.24 11:30
0
第65回国連総会に出席するため米ニューヨークを訪問した申ガク秀(シン・ガクス)外交通商部長官職務代行は22日、前原誠司日本外相と韓日外相会談を行い、韓日関係、北朝鮮問題、国際舞台での協力などお互いの関心事について協議したと、韓国外交部が23日明らかにした。

韓国外交部の発表内容によると、双方は韓日強制併合100年の菅直人首相の談話発表(8月10日)を評価し、後続措置の履行など具体的な実践を通して両国が新たな韓日関係100年を開いていくべきだという意見で一致した、と明らかにした。

特に韓国側は朝鮮王室儀軌など図書の返還、サハリン韓国人問題、遺骨返還問題など過去の懸案の進展のために誠意ある対応を要請し、日本側は首相談話に基づいて努力を続けると述べた。

また双方は韓日FTA交渉再開のための環境づくり、李明博(イ・ミョンバク)大統領の訪日、韓半島情勢および北朝鮮の核問題、11月の20カ国・地域(G20)首脳会議およびアジア太平洋経済協力会議(APEC)の成功に向けて緊密に協力していくことにした。
【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮「他人に頼る経済は罪悪」…金正日訪中後に自立経済を強調
・ソウルに1時間当たり100ミリの水爆弾…スーパー都市洪水
・軍施設撮影した日本人を逮捕「船長逮捕の報復措置か」/中国
・キム・ヨナ、オーサーコーチと決別後に広告好感度3位にダウン
・日本とは領土、米国とは為替レート…中国の‘2つの戦争’


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP