주요 기사 바로가기

再生可能エネルギーの輸出 昨年の2倍に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.20 16:47
0
 今年に入り、太陽光・風力など再生可能エネルギー分野関連装備の輸出と受注が大きく増えている。 知識経済部によると、再生可能エネルギー分野の輸出企業およそ80社の今年上半期の輸出額は21億4500万ドルという。 これは前年同期の輸出額(10億ドル)の2倍で、昨年1年間の輸出額(20億4000万ドル)を超える水準。 分野別には太陽光発電が前年上半期の8億8000万ドルから今年上半期は18億ドルに、風力は同じ期間2億6000万ドルから3億4500万ドルに増えた。

今後の輸出につながる受注額も大幅に増加した。 今年上半期の再生可能エネルギー受注額は、大型再生可能エネルギー団地を受注したことを受け、前年上半期(12億ドル)の6.8倍にのぼる82億5000万ドルとなった。 風力部門は前年上半期の2億7000万ドルから今年上半期は65億9000万ドルに、太陽光は同じ期間8億7000万ドルから16億5000万ドルに増えた。

再生可能エネルギーの輸出好調は、先進国が政策的にグリーン市場を育成しているのに加え、グローバル景気が回復しているためだ。 太陽光の場合、ドイツなど欧州が太陽光発電所を競争的に設置しているほか、米国・日本・中国なども内需市場を育成し、太陽電池・太陽光モジュールの生産能力を拡充している。 風力の場合、グローバル景気の回復で風力部品の需要が増えていると、知識経済部は分析した。
【今日のイチオシ記事】
・「韓国スパイなら…」「韓国企業なら…」 米国が警戒心
・イ・スンギ「相手役シン・ミナ、すべての男たちの理想型」
・CBI高級レストラン部門韓国6位
・中国メディア「韓国の巡航ミサイル開発、冷静でない態度」
・「非常に優秀」…米国で好評の「ギャラクシーS」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP