주요 기사 바로가기

金正友、W杯ランキング62位でアジア3位…朴智星は78位

ⓒ JES/中央日報日本語版2010.07.05 16:10
0
金正友(キム・ジョンウ28、光州)が南ア共和国サッカーワールドカップ(W杯)参加選手ランキングで韓国選手のうち最も高い62位を記録した。5日(日本時間)、南ア共和国ワールドカップ公式スポンサー「カストロール・インデックスランキング」発表によれば金正友は8.64点を獲得した。

彼はワールドカップ4試合からミッドフィルダーでフルタイムを消化し、韓国の史上初遠征16強進出に導いた。組別予選の時まで52位を維持した金正友は韓国チーム脱落後10ランク落ちた。韓国では「キャプテン」朴智星(パク・チソン、8.45点)と李菁龍(イ・チョンヨン、8.36点)がそれぞれ78位と86位に上がった。

アジアでは日本のゴールキーパー川島永嗣の順位がいちばん高い。続くファインプレーで9.28点を獲得した彼は19位を走っている。8.67点を受けたミッドフィルダー遠藤保仁がアジアでは2番目に高い59位だ。

 
1位はドイツ主将フィリップ・ラーム(9.79点)、セルヒオ・ラモス(9.74)、ジェラール ピケ(9.7)、ジョアン カプデビラ(9.66)、ダビド ビジャ(9.62、以上スペイン)がそれぞれ 2~5位にランクされた。






【今日のイチオシ記事】
・GM大宇レーシングチーム、日本で1・2位
・アジアに米型潜水艦3隻…「冷戦以来の事件」
・三角表示板を置いていれば…安全規則無視が「12人死亡」惨事招く
・性的暴行された小学生、催眠捜査で兄の友達を指名
・キム・ヒョンジュンの去ったSS501、各メンバー独立か

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP