주요 기사 바로가기

中国、結局天安艦にそっぽを向くのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.12 09:38
0
天安艦事件を調査した民・軍合同調査団が14日(現地時間)、国連本部で安全保障理事会理事国を対象に説明会を行うことにしたが、中国が欠席するのではないかとみられている。匿名を要求した政府消息筋は11日「千英宇(チョン・ヨンウ)外交通商部2次官の訪中など外交経路を通じて中国の出席を説得したが、まだ確答を得られていない」とし「終わりまで安保理のすべての理事国が出席するよう努力するが、現在としては出席は不透明だ」と述べた。これについて、自由アジア放送(RFA)は「中国が天安艦国連説明会に欠席するようだ」と報道した。

外交部は民・軍合同調査団が14日午後3時(日本時間15日午前4時)、米国ニューヨーク国連本部会議場で安保理理事国を対象にした説明会を開催すると明らかにした。天安艦沈没原因に対する調査結果をめぐり、非公開で行われる今回の説明会は、中国を含む15の安保理理事国が招請対象だ。合同調査団はこの席で先月20日、調査結果発表時説明したプレゼンテーション資料と魚雷推進体引き揚げ時の動画などを証拠資料として提示するものとみられた。

これについて、RFAはワシントン外交消息筋の言葉を引用「国連駐在中国代表部側が説明会に対して否定的な立場を見せている」とし「中国は相変わらず天安艦沈没が北朝鮮の犯行だという韓国側の立場に同調する気配ではない」と報道した。これに先立って中国外交部スポークスマンは10日「天安艦事態に国連安保理が介入する問題を慎重に処理することを希望する」と発表した。

RFAはまた、天安艦沈没原因に対する調査団を韓国に派遣したロシアは、来月に調査結果を明らかにできるという立場なので、安保理の迅速で強い対北対応を導き出すという韓国側計画に支障が生じるという見通しも出る」と付け加えた。国連韓国代表部のある関係者は「中国側が天安艦説明会に出席しない可能性もある」とし「特定国家が出席を拒んだ場合、出席を強要することはできない」と話した。



最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP