주요 기사 바로가기

日本国債格下げのデマまで…KOSPI指数が44p安

ⓒ 中央日報日本語版2010.05.17 17:35
0
しばらく小康状態だったユーロ地域財政危機に対する懸念がまた強まり、韓国を含むアジアの金融市場が揺れている。財政赤字が深刻な日本の格下げもあるという噂までが広がり、投資心理を冷え込ませた。KOSPI指数(総合株価指数)は1650p線まで下落し、1ドル=1150ウォン台までウォン安ドル高が進んだ。

17日のKOSPI指数は前週末比44.12p(2.60%)安の1651.51pで取引を終えた。27.06p安で取引が始まった後、日本の格付け関連のデマが広まり、下落幅を拡大した。 国際格付け機関フィッチ側は「日本の格付けが変わることはない」という見解を明らかにしたが、値は戻らなかった。コスダック指数は14.73p(2.81%)安の510.25pで引けた。

アジア圏の株式市場も一斉に値下がりした。 日本日経指数は2.17%安、台湾加権指数は2.23%安となった。 中国上海指数も一時3%台の下落となった。

この日のソウル外国為替市場で、ウォンは対ドルで前週末比23.3ウォン値下がりした1ドル=1153.8ウォンで取引を終えた。大量に株が売られた点もウォン安ドル高につながった。
【今日のイチオシ記事】
・詰まった血管を通すロボットを開発…世界初
・北朝鮮、15日には2度NLL挑発…「韓国꒑が退け」
・普通ではない北の脅威…決然たる対応が要求される
・ 10年が過ぎたが…「日本国民は永遠に忘れない」
・三星のロボット掃除機、ドイツで「最高等級」評価


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP