주요 기사 바로가기

北朝鮮、外資誘致に向け「国家開発銀行」設立へ 国防委が決定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.01.21 09:51
0
 北朝鮮が20日、最高権力機関である国防委員会の決定で「国家開発銀行」を設立することにしたと、朝鮮中央通信が報じた。

中央通信はこの日、平壌(ピョンヤン)羊角島(ヤンガクド)国際ホテルで、朝鮮大豊国際投資グループ理事会の初会議が開かれ、国家開発銀行設立準備委決定書などが議決された、と伝えた。また「国家開発銀行は国際金融機構・商業銀行と取引し、国家政策に基づいて主要対象への投資業務を遂行する」と明らかにした。

国家開発銀行に対する投資の誘致などは大豊グループが担当する。金正日(キム・ジョンイル)国防委員長はこのグループの活動を保障するよう命じたと、中央通信は強調した。

 
大豊グループ理事長は金養建(キム・ヤンゴン、労働党統一戦線部長)アジア太平洋平和委員長が、常任副理事長兼総裁は中国同胞のパク・チョルス氏が務める。大豊グループは外資誘致のために06年9月に香港に設立されたが、実績がなかった。

政府当局者は「国防委が外資誘致に動き出すということ。しかし核問題の進展と制裁の解除がなければ国際金融取引は難しいだろう」と述べた。

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP