주요 기사 바로가기

なぜ「右側通行」に変更?

ⓒ 中央日報日本語版2009.10.06 17:47
0
 歩行者の通行方式が1日から交通施設を中心に左側から右側に変更された。 日帝時代の1921年に施行された「左側通行」が88年目にして改められたのだ。 日本はすでに1946年に右側通行に制度を変えている。

長いあいだ左側通行に慣れた歩行方式を変えるのは容易でない。 政府はなぜ制度を変えたのだろうか。国土部が説明する右側通行に変えた理由は次の通りだ。

<1>右利きが多いため=国民10人のうち8人が右利きだ。 移動する場合、右手に荷物を持って歩く場合が多い。 荷物を持って左側通行をすれば、お互いの荷物がぶつかる確率が高い。

<2>回転ドア・空港ゲートを利用しやすい=建物の回転ドアや空港の出入国ゲートは右側通行を前提に設置されている。 左側通行をする場合、歩行者間の衝突が避けられない構造だ。 地下鉄の改札口も同じだ。

<3>車が来る方向が分かる=歩道で右側通行をする場合、車道の車を向かい合う。 突発状況が生じた場合、すぐに体を避けることができる。 左側通行をすれば後ろから来る車を避けられない可能性が高い。

<4>車との接触が減る=横断歩道で右側通行をする場合、停止ラインを越えてくる車と一定の距離を確保できる。 国土部は歩行文化が右側に転換すれば、交通事故が20%ほど減ると推定している。

<5>疲労も低下=実験者に左側通行と右側通行の映像を見せた後、アイトラッカーを利用して生体反応を分析した結果、左側に比べて右側を歩く場合、瞳の動きが15%減った。 また精神負荷(13%)と心臓拍動数(18%)も減少した。

◇88年間なぜ左側通行?=韓国は1905年、最初の近代的規定である「大韓帝国規定」で右側通行を規定したが、朝鮮総督府の道路規則改正で1921年から日本に従って左側通行をしてきた。 現在日本は車は左側通行、歩行者は右側通行が基本だ。 韓国交通研究院のユ・ジョンボク博士は「1949年の米軍政は日本に圧力を加え、道路交通取り締まり法を改正することにし、これに基づいて歩行者の右側通行が始まった」とし「自動車も右側通行に改めようとしたが、電車のドアをすべて変えなければならない問題点があったためそのままにした」と説明した。

1920年代当時、日本人はなぜ左側通行をしたのか。 ユ博士は侍の歩行慣習説を提起した。 侍は左側の刀を差して歩いた。 右側を歩く場合、すれ違う際に他の侍の刀とぶつかる可能性があった。 こうした日本人の歩行慣習が韓国にも伝わったということだ。 ユ博士は「科学的な根拠があるわけではなく、日本歴史学者らが主張している内容」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP