주요 기사 바로가기

13年ぶりに韓国に来た「夢遊桃源図」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.09.27 15:03
0
1/2
国立中央博物観で開かれる「韓国博物館開館100周年記念特別展-与民偕楽」には普段目にすることのできない珍しい文化遺産が国内外で多数展示される。しかも無料展示だ。安平大君が夢で見た桃源の光景を安堅(アンギョン)に描かせ、3日で完成したものと伝わる「夢遊桃源図」は製作年代が知られた現存朝鮮時代絵画の中で最も古い。

13年ぶりに韓国へ来た「夢遊桃源図」は29日から来月7日まで9日間だけ展示される。

今回の展示には200点ほどの文化財が観覧客を迎える。国内で初めて公開される遺物だけで11点だ。中でも銀製金鍍金注子は高麗時代金属工芸品の中で最もすぐれた作品だと評価を受けている。注子と承盤にはすべて花模様の支えがある。

咲いた蓮華と精巧な鳳凰、表面に繊細な文様に金を加えて非常に華やかに表現した。

1.「夢遊桃源図」、安堅、朝鮮(1447年)、絹に墨、38.6×106.2センチ、日本天理図書館



2.青磁象嵌葡萄童子紋銅彩注子、高麗(13世紀)、注子の高さ34.2センチ、高さ36.1センチ、国立中央博物館
3.白磁鉄画葡萄紋壷、朝鮮(18世紀)、高さ53.3センチ、口径19.4センチ、下直径18.6センチ、梨花女子大学博物館





「韓国博物館開館100周年記念特別展-与民偕楽」9月29日~11月8日、ソウル竜山国立中央博物館

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP