주요 기사 바로가기

国産・輸入車の価格差、10%前後に縮まる

2009.09.02 17:12
0
輸入自動車と国産自動車の競合車種の価格差が10%前後に縮まった。 このため国産車を愛用してきた顧客の心が揺れ始めている。 輸入車は数年前まで国産車よりも20-30%以上高かった。 しかし輸入企業は韓国市場への定着を目指して価格を引き下げている。 一方、国内企業は高級輸入車に対抗するという戦略で価格を引き上げてきた。

実際ベンツコリアが先月31日に出した新型Eクラスの価格は旧型より300万-500万ウォンほど安い。 最もよく売れたE300エレガンスは現代車ジェネシスの顧客を狙っている。 ジェネシスの普及型価格は6000万ウォン(約450万円)程度で、事実上、ドイツ高級セダンと国産車の価格差がなくなった。

今月19日に発表されるフォルクスワーゲン・ゴルフも現代車ソナタの顧客を狙っている。 フォルクスワーゲンコリアは2.0Lディーゼルに便宜装置を付けたが、価格は従来のモデルとほぼ同じ3390万ウォンに抑えた。 同社のバン・シル・マーケティング部長は「従来のゴルフの顧客はソナタなど中型車から乗り換えるケースが多かった」とし「新型ゴルフは剛性ある車体と燃費のよさでソナタの顧客をつかむだろう」と語った。

10月に登場するフォードの野心作トーラスは3900万ウォン台の価格でグレンジャーとジェネシスの顧客をターゲットにしている。 3.5Lエンジンを搭載し、運転席にマッサージ機能が付いている。 フォードコリアの関係者は「室内外インテリアが感性的に変わったほか、車体も大きく、3.3Lジェネシスと十分に競争できる」と述べた。

自動車業界の最も大きな関心事は来月韓国に進出するトヨタブランドだ。 グレンジャー2.7Lと新型ソナタの高級型と競合する2.4Lカムリの価格は3500万ウォン前後で、国産車との差は10%にすぎない。 カムリハイブリッドは3.5Lエンジン以上の性能だが、価格は4000万ウォン台に抑えた。

自動車評論家のシム・ジョンテク氏氏は「現代・起亜(キア)車の独占が進み、新車価格が毎年10%以上値上がりしている」とし「2-3年以内にヨーロッパ・日本との自由貿易協定(FTA)が発効し、為替レートが回復すれば、国産車と価格の差がなくなった輸入車は国内市場の15-20%を占めることになるだろう」と予想した。


【今日のイチオシ記事】
・ 「歴史認識、民主党は自民党に比べてはるかに常識的」
・ 日本人観光客が熱狂する「意外な」商品
・ 故チャン・ジニョン、今年7月に結婚していた
・ 触れれば開くドア、新型インフルエンザで大ヒット
・ 世界初のクローンオオカミ、1頭が突然死
・ 鳩山代表「アジア重視」…米国一辺倒の外交から抜け出すか


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    国産・輸入車の価格差、10%前後に縮まる

    2009.09.02 17:12
    뉴스 메뉴 보기
    TOP