주요 기사 바로가기

18.2度!焼酎並みのビール「トーキョー」が登場/英国

2009.07.30 08:33
0
英スコットランドに焼酎並みにアルコール度が高いビールが登場した。BBC放送によると、スコットランド・フレーザーバラにあるビール会社のブリュードッグは28日、英国で最もアルコール度の高いビールとなる「トーキョー」を発売した。アルコール度は18.2度。1本(330ミリリットル)で英保健当局が提示する1日当たり摂取量の2倍に達するアルコールを含んでいる。価格は1本9.9ポンド。一般的なビールのアルコール度は4~5%で、韓国の一般焼酎は18.5~20.1%、ビールと洋酒を混ぜた「爆弾酒」のアルコール度は通常11~14%だ。

ブリュードッグ創業者のジェームス・ワット氏は、「現在流通しているビールは味が薄いので多く飲んでしまう。このビールは味と香りが豊かで、過度な飲酒をしないよう誘導するため愛飲家の健康にもつながる」と話している。

禁酒運動団体の「アルコールフォーカススコットランド」は、「強いビールが人々の健康につながるというのは詭弁にすぎない」と批判している。また消費者団体のポートマングループは「健康によいというマーケティングを中断しなければ酒を販売できなくする」と主張した。
【今日のイチオシ記事】
・ 18.2度!焼酎並みのビール「トーキョー」が登場/英国
・ 韓日、原子力協力協定第1回会議を開催
・ 三星重工業、500億ドルの超大型受注
・ 携帯電話料金、韓国が最高?
・ 任天堂DSゲーム「冬のソナタ」 秋に登場
・ 有名ハリウッド監督がイ・ビョンホンに注目する理由

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP