주요 기사 바로가기

韓流スターのソン・スンホン、チェ・ジウ、独立の動き

2009.03.10 14:00
0



専属契約が満了になった韓流スターのソン・スンホンとチェ・ジウの動きに関心が集まっている。

ソン・スンホンは2月末にMネットメディアと、チェ・ジウは3月初めにオリーブナインと専属契約を終えた。 一般的に芸能人の場合、契約満了前に新しい所属事務所と契約するのが慣例だが、2人とも別の所属事務所を探さず、独立を計画していることが分かった。

 
ソン・スンホンは9日、ソウル小公洞(ソゴンドン)ロッテホテルで行われたMBC(文化放送)月火曜ドラマ「エデンの東」放送終了関連の記者会見で「現在、所属事務所とは契約が終わっている」とし、独自に活動している状況であることを伝えた後、「しかし独自のマネジメント社を設立するかどうかはまだ確定していない。 ただ、当分は一人で活動する計画を立てている」と答えた。

続いて、噂になっている別の韓流スターとの企画会社共同設立説については「まだ決定したことはない」と言葉を控えた。 しかし側近によると、ソン・スンホンは他の企画会社に移らず、自分の会社を設立するための準備に着手しているという。

一方、最近所属事務所との専属契約が終わったチェ・ジウも独立の準備作業に入っている状況だ。 チェ・ジウは当初、新しい新生マネジメント会社と契約を結ぶ計画だったが、これが白紙になった後、独自で会社をつくる意向を固めた状況だ。

1人企業の代表的なケースであるペ・ヨンジュンはマネジメント会社BOFを設立し、イ・ナヨン、チェ・ガンヒ、パク・イェジンらトップスターを率いる巨大企画会社に成長させた。歌手ピ(Rain)もJ.TUNEエンターテイメントを設立した後、俳優ヨン・ジョンフン、イ・ダヘを所属俳優として招いた。

韓流スターのイ・ビョンホンも自分のイニシャルにちなんだBHエンターテイメントをオープンして一人で活動しており、リュ・シウォンやキム・レウォンも各自マネジメント社を設立して活動している。

スターらが独立を選択する理由は、国内だけでなく海外でも地位を築いている点、十分な資金力があるという点で、所属事務所の支援を受けなくても活動を継続できるという判断からだ。

にもかかわらず、経済不況が続く状況では危険なギャンブルだという見方も少なくない。 契約満了を控えているトップスターの一部は独自の活動の代わりに現所属事務所との再契約を前向きに検討している状況であることが伝えられた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓流スターのソン・スンホン、チェ・ジウ、独立の動き

    2009.03.10 14:00
    뉴스 메뉴 보기
    TOP