주요 기사 바로가기

司令塔交代に100億ウォン…大韓サッカー協会、「クリンスマン監督更迭」に踏み切るか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.09 10:19
0
大韓サッカー協会(KFA)がアジアサッカー連盟(AFC)アジアカップの過程と結果を振り返る場を設ける。ソル(旧正月)連休を終えた後、戦力強化委員会を開き、ユルゲン・クリンスマン監督(ドイツ)の戦術とリーダーシップを含め、韓国サッカー代表チームの競争力を綿密に点検する予定だ。

アジアカップに参加した韓国選手団は、すべての日程を終えて8日に仁川(インチョン)国際空港に帰国した。孫興慜(ソン・フンミン、トッテナム)ら海外派はすぐに所属チームに復帰し、趙賢祐〔チョ・ヒョヌ、蔚山(ウルサン)〕ら代表チーム内のKリーガーとコーチングスタッフ、サポートスタッフが一緒に韓国の地を踏んだ。

アジアカップ以降、サッカー代表チームに関する世論の反応は冷ややかだ。選手たちは与えられた状況の中で最善を尽くしたという評価が主となる反面、司令塔のクリンスマン監督については「失敗」と規定する声が高い。優勝を豪語していたが、結果的にベスト4に留まった上、試合の度に明確な戦術的色彩を見せられないまま、孫興慜や李康仁(イ・ガンイン、パリ・サンジェルマン)、金玟哉(キム・ミンジェ、バイエルン・ミュンヘン)らワールドクラスの選手に依存する流れが続いたためだ。

 
クリンスマン監督が赴任後、韓国国内より海外に主に滞在して「リモートワーク」論争を招くなど、不誠実な態度を見せてきたという点も世論が悪化した原因だ。サッカー界内外では「赴任後に浮上した各種議論にアジアカップの競争力まで絡めて、サッカー代表チームの司令塔を交替してから2026北中米W杯アジア予選に備えなければならない」という声が上がっている。

これと関連し、サッカー協会は戦力強化委員会を開き、アジアカップ大会期間中に確認された韓国サッカー代表チームの競争力について分析する時間を持つことにした。協会関係者は「戦力強化委員会をソル連休後に開くことにした」とし「マイケル・ミューラー国家代表戦力強化委員長をはじめとする委員が集まってアジアカップ期間中に韓国代表チームの競技力と運営全般について多角的に議論する」と説明した。

この会議がクリンスマン監督の去就問題まで扱う場になるかどうかに関心が集まる。クリンスマン監督は8日、帰国直後に記者会見を行い「ベスト4入りしたことが失敗だとは思わない」とし「肯定的な部分も多く発見した。その部分を3月のW杯予選を準備する時にうまく活用する」と述べ、自ら指揮棒を手放す意思がないことを明確にした。さらに、「多くの韓国人が(サッカー代表チーム監督の勤務形態について)私と考えが違うことをよく知っている」としつつも、「批判は尊重するが、私の働き方は変えない」と断言した。

クリンスマン監督の考えと代表チーム周辺の状況を考慮すれば、司令塔を交替するためには、監督の自主的な辞任よりはサッカー協会が更迭すべきだ。しかし、サッカー協会の立場では、新司令塔やコーチングスタッフの選任費用まで含め、最大100億ウォン(約11億円)がかかるものと予想されるだけに、気軽に実行に移すのは容易ではない。最終決定権者の鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協会長も監督交代に積極的ではないようだ。クリンスマン監督は帰国インタビューで、「大会期間中、鄭会長とカタール現地で多くの話を交わした」とし、「肯定的な部分はもちろん、補完すべき点についても話した。3月のタイとの(W杯予選)2連戦をはじめ、準備することが多い」と述べた。

これに関して、サッカー協会の内部事情に詳しいある関係者は、「戦力強化委員会がアジアカップを含め、クリンスマン監督の代表チーム運営方式についてどのように評価するかがカギになるだろう」とし、「ファンが要求する司令塔の交替まではいかなくても、精密な診断を通じて少なくともクリンスマン監督の積極的な態度の変化程度は引き出さないと、後から問題が起こるのを避けられないだろう」との見方を示した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    司令塔交代に100億ウォン…大韓サッカー協会、「クリンスマン監督更迭」に踏み切るか

    2024.02.09 10:19
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカー代表のユルゲン・クリンスマン監督
    TOP