주요 기사 바로가기

韓国政府、福島汚染水対応に6年間・3兆ウォン…その後も投入

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.26 09:53
0
韓国政府が福島原発汚染水放出に対応するため今年から6年間に3兆ウォン(約3300億円)を超える予算を投入する見通しだ。これは現在計画されている支出であり、その後も引き続き国家予算を投入することになる可能性が高い。

◆「日本に求償権請求を」

26日に国会予算政策処が各部処から福島汚染水対応予算案を集めて鄭必模(チョン・ピルモ)共に民主党議員に提出した資料によると、今年から2028年までに政府が執行する予算は計3兆1437億ウォンにのぼる。予算規模は海洋水産部が3兆1128億ウォンで大部分を占め、原子力安全委員会が213億ウォン、食品医薬品安全処が96億ウォンを執行する予定だ。特に海洋水産部の予算は今年の5045億ウォンから来年は7124億ウォンに増え、その後も毎年4500億ウォン以上を投入する計画だ。

 
福島汚染水対応予算は計20件の事業に使われる。2028年までの6年間に最も多くの予算が投入される事業は水産物など備蓄事業で約8721億ウォン。また水産金融資金2次補填事業の約7254億ウォン、水産物買い入れ支援事業の約5750億ウォンなどが後に続いた。すべて汚染水放出による水産業への打撃と漁民被害に対応するための事業だ。

一般国民を対象にする水産物消費促進と水産物共生割引支援には計4624億ウォンを使用する。海洋放射性物質監視体系構築・運営の578億ウォン、海洋放射能汚染事故対応迅速探知予測技術開発の204億ウォンをはじめ、海水浴場放射能調査、海洋深層水水質検査、船舶平衡水放射能汚染調査などにも予算を引き続き投入する。

問題はこうした予算をいつまで投入する必要があるか分からないという点だと、鄭議員は指摘した。東京電力は2051年までの原子炉廃棄を目標に汚染水を海に放出する計画だ。2028年以降、福島汚染水放出関連予算を追加でどれほど投入すべきかは把握しにくい状況だ。

鄭議員は「尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の福島汚染水放出ほう助が結局、国家財政負担につながっている」とし「直接・間接的な被害規模を推算し、隣接国に被害が及ぶことを知りながらも無責任に放出を進めた日本政府に積極的に求償権を請求するべきだ」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府、福島汚染水対応に6年間・3兆ウォン…その後も投入

    2023.10.26 09:53
    뉴스 메뉴 보기
    ​福島原発に面する海[中央フォト]
    TOP