주요 기사 바로가기

今が日本旅行どき? 素早い投資家は円買い=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.14 10:06
0
最強の「円安」、魅力的な投資アイテムでもある。安い時に円を少し買っておいて高い時に売ればいわゆる「為替差益」を得ることができるからだ。すでに雰囲気を読むのが早い投資家はここに目を向けている。7月末基準で5大銀行(KB国民・新韓・ウリィ・ハナ・農協)の円預金残額は6000億円を超えた。昨年末4967億円だったことから半年で1兆ウォンを越えるお金が集まった。

円の為替レートは今後どのように動くだろうか。「過去の経験上、円がこの程度の円安を見せた時はウォンを売って円を買うのが適切な選択だった。2000年代中盤、世界経済の超好況局面では100円が750ウォンまで落ちたりもしたが、現在の世界経済の環境や韓国の輸出競争力低下を考慮するとこのようなシナリオは排除することができる。日本円は概略900ウォン台が下限で、1100ウォン台まで反騰するパターンだった」(未来アセット証券のパク・ヒチャン研究員)

「日本中央銀行が今年下半期中にイールドカーブコントロール(YCC・長短金利操作)政策(経済モメンタム回復のために10年物金利の上段を抑制する政策)に伴う副作用をおさえるために撤回まではいかなくても変更の可能性が存在して、これに伴って円安現象も一部緩和されることが予想される」(イ・ダウン大信証券研究員)

それぞれ異なる観点からの説明だが「円安はもう少し進むかもしれないが、それでも円安は遠からず終わる」程度に要約することができる。ではどのように投資するべきか。大きく4つの方法がある。

◆円貨幣の買入れ=一言でウォンを円に替える方法だ。最近は各銀行のモバイルアプリを利用すれば簡単に替えることができる。必要な時は出金も可能だ。

◆円通帳=銀行に円を入れておく外貨普通預金と定期預金だ。最も簡単な方法だ。ただし一般に預金・積立金のように15.4%の所得税を出さなければならないという点は覚えておかなくてはならない。

◆円ETF=上場投資信託(ETF)も方法だ。だが、ドルとは違って選択肢がほとんどない。非常に近い日本だが、円ETFは現在としては「TIGER日本円先物ETF」が唯一だ。相対的に手頃な手数料が長所だ。

◆証券会社での円両替=銀行両替との最も大きな違いは出金できないという点だ。つまりウォンに再び替えてから出金しなければならないということだ。手数料は銀行より安いため為替差益だけを目標にするならば証券会社両替が最も有利だ。

どの方法を選んでも、専門家が口を揃えて言うのが「分割買い」だ。グローバル証券市場を見ると、年初に比べて上昇率がマイナスではない国を探すのが難しい。ところが日経225指数がほぼ唯一プラス(2.4%上昇)を記録中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    今が日本旅行どき? 素早い投資家は円買い=韓国

    2022.09.14 10:06
    뉴스 메뉴 보기
    TOP