주요 기사 바로가기

安倍元首相の焼香所を訪れた韓国外交長官「訪日すれば助言を受けようと思っていた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.11 11:36
0
韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は11日、選挙演説中に銃撃を受けて死去した安倍晋三元首相の韓国国内焼香所を訪れ、「日本訪問が実現すれば安倍元首相からいろいろと良い助言を受けようと思っていた」と述べた。

朴長官はこの日午前ソウル、鍾路区(チョンノグ)在韓日本大使館公報文化院に用意された安倍元首相焼香所で弔問を終えた後、記者らに対し「過去の韓日議員親善活動で会ったことがある」と安倍元首相との縁に言及しながらこのように明らかにした。

続いて「安倍元首相の銃撃事件に誰もが衝撃を受けた」とし「弔問録には、日本憲政史上最長在任首相として日本の政治史に大きな足跡を残された安倍晋三元首相を失った遺族と日本国民に深い哀悼と慰労の意を表すと書いた」と伝えた。

さらに「韓日両国は民主主義と市場経済を共有するとても重要な協力パートナー」とし「韓日関係の回復が我々の共同利益になるという信念を持って両国関係の改善のために努力する」と強調した。

自身の訪日日程については「日本国内の事情を勘案して互いに都合の良い時期に訪日が実現すると期待している」と話した。

安倍元首相銃撃事件が統一教と関係があるという報道について日本側とどう意思疎通をしているのかという質問には、「そのようなことはない」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍元首相の焼香所を訪れた韓国外交長官「訪日すれば助言を受けようと思っていた」

    2022.07.11 11:36
    뉴스 메뉴 보기
    朴振外交長官が11日午前、ソウル鍾路区(チョンノグ)駐韓日本大使館公報文化院に設けられた安倍元首相の焼香所を訪れ、弔問録を作成した。 外交部提供
    TOP