주요 기사 바로가기

「プーチン大統領、31歳年下の愛人と子ども4人をスイスの別荘に隠した」…相次ぐ逃避説

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.08 12:02
0
ロシアのプーチン大統領が、彼の愛人とされるアリーナ・カバエワさん(38)と4人の子どもをスイスに逃避させたという主張が外信を通じて出た。

ユーロニュースやニューヨーク・ポストなど外信は7日、「プーチンの愛人とされるアリーナ・カバエワさんと4人の子どもがスイスのある別荘に滞在している」と報道した。

カバエワさんは2007年に新体操選手から引退した直後、親プーチン派の政党「統一ロシア」所属の国会議員として活動した。

プーチン大統領が2013年に元夫人と離婚した後、ロシアではカバエワさんが彼の愛人という報道が相次いだが、プーチン大統領は「尊重されるべき私生活」として言及を避けてきた。

その後ロシア国営メディアグループの役員になったカバエワさんは2014年当時1000万ドルの年俸をもらっていたことがわかった。

これに対し米メディアのページシックスは、「プーチンがウクライナを攻撃し民間人死傷者を発生させ難民危機を引き起こす間、プーチンの家族はスイスの安全な別荘に隠れていた」と主張した。

続けて「スイスに家族を隠すことにした決定はスイスを過小評価したもの。代表的な欧州の中立国スイスはロシアのウクライナ侵攻が起きてからロシアに対し強硬な立場を取り国際社会に反響を起こしている」と報道した。

これに先立ち有名ロシア政治分析家のワレリー・ソロベイ氏は1日、プーチン大統領が核戦争準備用に作った地下壕に元夫人と彼らの娘を隠したと主張した。

ソロベイ氏は「プーチンが核戦争に備えて作った最先端地下都市に家族を逃避させた。その地下都市はアルタイ共和国にある」とした。

実際に第1・2次世界大戦当時、「永世中立国」として中立を維持してきたスイスは先月28日、「ロシアのプーチン大統領、ミシュスティン首相、ラブロフ外相らの資産を凍結する」と発表しロシア制裁に加わった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「プーチン大統領、31歳年下の愛人と子ども4人をスイスの別荘に隠した」…相次ぐ逃避説

    2022.03.08 12:02
    뉴스 메뉴 보기
    プーチン大統領
    TOP