주요 기사 바로가기

韓国批判した日本も「尿素水大乱」の兆し…価格10倍に高騰

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.20 08:24
0
日本で車両用尿素水価格が10倍近く高騰するなど供給不足が起きている。日本は11月の韓国の尿素水不足事態当時に主原料であるアンモニアの高い独自生産率を強調しながら韓国の供給網構造を批判していた。

日本エネルギー専門メディアのリムインテリジェンスは10月半ばから中国からのアンモニア輸入が激減し尿素水生産不足が続いていると19日に報道した。

自動車用尿素水代表ブランドであるアドブルーの日本国内主要サプライヤーである伊藤忠エネクスと三井物産、日本液炭、日星産業、新日本化成などが12月に入り相次いで出荷規制を強化しており供給不安が高まっているという説明だ。

また、産業専門紙「くるまのニュース」は在庫枯渇を不安に思った需要者が在庫確保を目的に販売店に集まり供給可能量を超えた点も状況をさらに厳しくしたと報道した。

特にオンラインサイトでは通常価格の10倍を超える価格で尿素水が取引されているが、これを防ぐ特別な法的規制はないとリムインテリジェンスは伝えた。

くるまのニュースによると、通常1リッター200円程度で売られるアドブルーは12月10日現在インターネット上で1リッター当たり1500円程度で販売されている。

ただくるまのニュースは「そもそも、日本ではクリーンディーゼルエンジン車は、諸外国に比べてそれほど多くはなく、アンモニアの多くを国内で生産しているという構造から、韓国のような状況になることは考えにくい」とし、品薄大乱までの状況につながることはないだろうとみた。日本は現在アンモニアを80%独自生産している。

その一方で、「尿素水はクルマ以外にも船舶や建設機械などでも使用されており、原料となるアンモニアは肥料用途などでも使用されているため楽観視することはできない」と付け加えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国批判した日本も「尿素水大乱」の兆し…価格10倍に高騰

    2021.12.20 08:24
    뉴스 메뉴 보기
    11月15日、韓国清州(チョンジュ)のガソリンスタンドに尿素水の売り切れを知らせる案内文が貼られている。
    TOP