주요 기사 바로가기

「韓国ビッグ5病院」残り21病床…「一日感染者1万人まで対応可能」は判断ミス(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.26 08:18
0
「もう本当に飽和状態だ。これ以上は患者を受け入れる余裕がない」。

新型コロナ重症患者が612人に増えて過去最多となった25日、いわゆる「ビッグ5」と呼ばれるソウル上級総合病院から一斉に出てきた声だ。この日午後2時を基準にこれら病院の新型コロナ重症患者病床現況を見ると、患者でほぼ埋まっている状態だった。余力はソウル大病院が36床のうち4床、ソウル峨山(アサン)病院が41床のうち12床、サムスンソウル病院が31個のうち2床、ソウル聖母病院が20床のうち2床、セブランス病院が37床のうち1床だ。全体を合わせても21床しか残っていない。



◆「一日感染者1万人まで対応可能」と言ったが…4000人で病床逼迫

全国基準で見ても病床状況は深刻だ。この日0時基準で全国重症患者病床の稼働率は71.5%。首都圏は83.9%、ソウルは85.5%にのぼる。医療界は「すぐに使用可能な病床はこうした数字より少ない」と指摘する。首都圏のある公共病院の関係者は「病床が1つ空いたからと言ってすぐに入ることができるのではなく、空いた病床を消毒して医療スタッフが再整備する時間が必要」とし「通常8、9割ならすべて埋まっていると考えるべき」と説明した。

政府は段階的日常回復(ウィズコロナ)施行初期、一日の感染者数5000-1万人を想定して対応していると明らかにしたが、施行4週目で危機を迎えた。5000人より少ない4000人前後の感染者でもすでに医療対応問題が続いている。前日、中央事故収拾本部のソン・ヨンレ社会戦略班長は「その間、1%半ばの重症患者発生率だったが、最近は2%半ばまで上がっている」とし「従来の想定なら一日の感染者5000人水準まで重症患者が増えている状況」と説明した。

◆コロナ患者も、一般重症患者も、病院を転々

新型コロナの重症患者が急増し、当局は首都圏の患者を非首都圏に送っている。しかしこれも限界がある。24日17時基準で忠北の場合、重症患者病床の稼働率が59.4%(32床のうち19床)、忠南は78.9%(38床のうち30床)だ。慶北は100%(3床のうち3床)、大田は92%(25床のうち23床)、光州は82.8%(29床のうち24床)の稼働率となっている。匿名を求めた首都圏近隣地域の総合病院関係者は「首都圏から次々と患者が入ってきて、我々の病院も全体新型コロナ重症患者病床のうち半分以上が首都圏の患者」とし「道の指示で受け入れているが、この地域の患者が病床不足のため他の地域に行ったりもする」と伝えた。

非常事態を迎えたのは新型コロナ重症患者だけでない。新型コロナ患者が増え、一般重症患者のための病床が減っているからだ。この日、ソウルのある療養型病院にいた50代の食道がん患者は体内カルシウム数値が正常より5倍以上増える高カルシウム血症の症状が表れ、ソウル上級総合病院の救急室に移されたが、3時間以上も待たされた。この患者は救急車で待機しながらせん妄の症状も表れたが、病院側は「病床がないので待つしかない」と答えたという。23日には心臓疾患の70代の女性の症状が悪化したが、病床を待って自宅で待機しているところ心停止で死亡した。

韓国がん患者権益協議会のキム・ソンジュ会長は「がん患者の場合、他の病院は受け入れないので通っていた病院で待つしかない」と話した。続いて「新型コロナ患者のために確保される数ほど重症・救急患者の病床が消えることになるが、政府はこうした対策を全く準備していない」とし「患者の生命がかかわる問題だが、計量的・数値的に考えているのでこのような問題が発生している」と批判した。実際、ソウルのある上級総合病院の関係者は「救急室に新型コロナ患者が入ってくる場合、他の重症患者は進入できないので他の病院に行ったりする」と伝えた。 「韓国ビッグ5病院」残り21病床…「一日感染者1万人まで対応可能」は判断ミス(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国ビッグ5病院」残り21病床…「一日感染者1万人まで対応可能」は判断ミス(1)

    2021.11.26 08:18
    뉴스 메뉴 보기
    慶北大学病院陰圧集中治療室での重症患者診療。[写真 大邱広域市]
    TOP