주요 기사 바로가기

チョ・グク元長官の家族を安重根に例えた秋美愛前長官「安重根、日本に死刑執行され…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.16 10:55
0
共に民主党大統領候補の秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官がチョ・グク元法務部長官の妻・チョン・ギョンシム東洋(トンヤン)大学教授の2審判決を批判する過程で、チョ元長官一家を安重根(アン・ジュングン)義士に例えた。

秋前長官は15日、聯合ニュースとのインタビューでチョン教授の控訴審判決について「今になってチョ・グクの件を埋もれさせようと言うなら、何のために政治をし、何のためにろうそく広場に出てきたのか」とし「(今回の捜査は)改革抵抗勢力の意図と計算で行われたもので、すべて改革すべき課題」と指摘した。

また、「安重根が伊藤博文を狙撃し、日本の裁判官の裁判を受けてテロリストとされて死刑執行されたが、そんな終わりを迎えたから日本の支配を受け入れて協力しようというのと同じだ」と強く批判した。

秋長官はまた、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の仮釈放について、「朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官に責任がある」とし「法務部が基準を事前に下げるなど、事前作業をした」と評した。

秋前長官は「文在寅(ムン・ジェイン)政府が、反腐敗の意志、積弊清算の努力が認められ、国際透明性機構から史上最高の成績を受けた」としつつも、「特に経済事犯に対する無寛容の原則を示して点を取ったのに、それを覆すことだから到底理解できない」と声を高めた。

◆李洛淵には「屏風の後ろに隠れていた」と批判

このほか、秋前長官は選挙戦の過程でもたらされた、故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領弾劾の攻防について、李洛淵(イ・ナギョン)元代表については「屏風の後ろに隠れていた後、ふと飛び出してきて反対していたと言っている」と直撃した。また「当時、最後まで唯一反対したのは私だけだった」とし「その時、口をつぐんで顔色を伺っていておいて、後から反対だったと言えば、筋が通るか。そういう風に政治をしてはいけない」と酷評した。また、「盧大統領がいらっしゃった時、最善を尽くせばよかったのに、あの時は大統領を捨てて、守ることもしなかったのに、今になって身を投げ出してお仕えしたように言うのか」と一喝した。

李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事とのいわゆる「明-秋連帯説」については「とんでもない計略」とし「誰かの味方をしたのではなく、原則中心の発言をしてきただけ」と一線を引いた。また、「李知事の場合、検察改革について検察庁内の捜査・起訴のパートを分離すればいいという立場で、アイデア商品のように言及する他の政策も根本的に(私の立場と)異なる」とし「市長・道知事の経験があるだけで、国政の経験はないため大統領になった場合、巨大な抵抗に対抗してうまくやれるか分からない」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チョ・グク元長官の家族を安重根に例えた秋美愛前長官「安重根、日本に死刑執行され…」

    2021.08.16 10:55
    뉴스 메뉴 보기
    秋美愛(チュ・ミエ)氏
    TOP