주요 기사 바로가기

韓経:韓国軍、国産SLBMの水中試験発射に成功

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.05 08:03
0
韓国の国産潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が水中試験発射に成功した。SLBM6基を搭載できるという3000トン級の中型潜水艦「島山安昌浩(ドサン・アン・チャンホ)」は早ければ今月中に海軍に引き渡される見通しだ。

軍情報筋によると、軍は昨年末にSLBMの地上発射に成功したのに続き、最近はバージ船での試験発射にも成功した。軍が潜水艦搭載水中発射に成功すれば、韓国は世界8番目のSLBM開発国となる。軍関係者は「『島山安昌浩』は主な装備性能および航海試験評価などをすべて終え、デコイ発射台やSLBM発射台などの評価だけが残った状態」とし「武装発射システム評価さえ終われば、早ければ今月中に海軍に引き渡すことが可能と聞いている」と話した。

SLBM6基を搭載できる「島山安昌浩」が早ければ今月にも海軍に引き渡されることが伝えられ、発射成功の可能性を高めている。防衛事業庁の関係者は「デコイ発射体系試験評価を完了し、早期に引き渡す予定」と明らかにした。国防部は水中試験発射の成否について「軍の保安上、単位電力に関する個別的な確認は制限される」と確認を拒否した。ただ、「軍は強い軍事力建設を通した韓半島の平和を後押しするため、先端高威力戦力を確保し、持続的に発展させる計画」と述べた。

SLBMは敵の核心施設を報復打撃できる戦略武器に挙げられる。水中で発射され、いつどこで発射するのか予測が難しいからだ。軍は北朝鮮のSLBMの脅威に対抗して射程距離500キロの弾道ミサイル「玄武2B」を基盤にSLBMを開発してきた。北朝鮮は1月の労働党第8回大会で原子力潜水艦の建造と水中発射核戦略武器(核搭載SLBM)開発を公式化した後、SLBM3基を搭載できる3000トン級新型潜水艦を建造中であることが伝えられた。

韓国海軍が導入する「島山安昌浩」はSLBM発射管が6本のコールドローンチ方式の垂直発射台を搭載しているという。ただ、軍は3000トン級潜水艦の垂直発射台装着の有無と直径・全長、SLBM開発を公式的にに確認していない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP