주요 기사 바로가기

韓国報勲処、光復会長母親の独立有功者虚偽疑惑調査に着手

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.18 14:32
0
韓国の独立運動家とその家族でつくる「光復会」の金元雄(キム・ウォヌン)会長の母親が虚偽事実を基に独立有功者に登録したという疑惑が提起されて報勲処が真偽調査に着手した。

報勲処関係者は17日、中央日報の電話取材に対して「メディアが金会長の母親の独立運動に関連して新たな問題を提起し、これに対する資料を確認している」と話した。光復会改革会と光復軍第2支隊の子孫でつくる長安会は今月15、金会長の母親である全月善氏が独立有功者の全月順氏とは全く違う人物だと主張した。

光復会改革会関係者は「全月順氏(1921~53)は全月善氏(1923~2009)の姉で、尚州(サンジュ)で確認した除籍簿では全月順氏と全月善氏が姉妹の関係となっている」と話した。報勲処が最近、慶尚北道尚州市(キョンサンブクド・サンジュシ)から公式に確認した結果、全月善氏は全月順氏より2歳年下の妹であることが分かった。

1990年独立有功者申請当時、金会長の母親は「『全月善』が実名で『全月順』という異名で光復軍活動をした」と記入して提出した。身分を隠すために「全月順」という名前を借りただけで、実際に独立運動をしたのは「全月善」だということだ。「全月順」氏は同年建国勲章民族愛章を受章し、報勲処公式記録には「全月順」となっている。しかし報勲対象者名簿には「全月善」と記録されている。

「全月順」氏は16歳だった1939年に中国に渡り朝鮮義勇隊婦女服務団に入隊し、旧日本軍に対する情報を収集して隊員を募集した功績が認められた。報勲処は尚州で現場調査を行う一方、90年の叙勲当時の関係書類を再検討する計画だ。

光復会改革会側は「全月善氏が生存と死後まで10億ウォン(約9700万円)と推算される補償金を不当に受け取ったので、これを国庫に返還しなければならない」とし「金会長はこれまで犯した不法行為に対して厳重な法的責任を負わなければならないだろう」という立場だ。光復会改革会のイ・ワンソク氏は「姉の名前で独立運動を行ったというのは理解しがたい」とし「金会長の父親であるキム・グンス氏(1912~92・独立有功者)の除籍簿を調べればすべての事実が明らかになる」と話した。

これに先立ち金会長は光復会改革会の疑惑提起に対する立場を尋ねるとこれに応じなかった。これと関連して、光復会関係者は「金会長は母親である全月善氏が姉の全月順氏の名前を仮名として使いながら独立運動をしたという立場」としながら「全月善氏は『全月順』の他にさまざまな仮名を使っていたという記録がある」と話した。

金会長は2019年6月から光復会長を務めていて、2019年8月15日第74周年光復節慶祝式の記念演説で李承晩(イ・スンマン)元大統領が親日派と結託し、愛国歌作曲家の安益泰(アン・イクテ)先生は民族反逆者だと主張した。光復会内部でも金会長の対外発言を巡り政治的偏向性が行き過ぎているとして反発し、葛藤が起きていた。

この過程で過剰懲戒問題も提起された。4月11日第102周年大韓民国臨時政府樹立記念式で光復会会員のキム・イミョン氏が金会長の胸元を掴んで非難した。キム・イミョン氏は独立活動家の金朋濬(キム・ブンジュン)先生とノ・ヨンジェ志士の孫だ。光復会は先月7日、キム・イミョン氏がいない状態で懲戒委員会を開いて除名処分を下した。金会長の光復会はキム・サンヒョン元議員、柳寅泰(ユ・インテ)元議員、秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官など与党要人に独立運動家の崔在亨(チェ・ジェヒョン)氏の名前を冠した「崔在亨賞」を授けたが、崔在亨記念事業会との相談がなかったため論争を呼んだ。崔在亨(1860~1920)先生は安重根(アン・ジュングン)義士などを支援した独立活動家だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国報勲処、光復会長母親の独立有功者虚偽疑惑調査に着手

    2021.06.18 14:32
    뉴스 메뉴 보기
    光復会の金元雄(キム・ウォヌン)会長
    TOP