주요 기사 바로가기

日本政府、在外国民にも新型コロナワクチン接種支援方針

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.22 07:19
0
日本で17日から新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの接種が始まった中で、外務省が海外に住む日本人にもワクチンを接種する方案を構想中だと読売新聞が21日、報じた。

外務省によると、海外に住む日本人の数は2019年10月基準で約141万人となっている。

在外国民のワクチン接種構想は開発途上国に暮らす日本人の要請に従ったものだ。ワクチンの需給が円滑ではない国に住む日本人が現地の医療体系に不安を感じ、日本政府に支援を期待する声が高まっていると外務省は伝えた。

反面、先進国の場合、大部分が外国人のワクチン接種を支援している。ある地域に住む多数が免疫を獲得して流行を抑制する「集団免疫」のためには居住外国人にも接種が必要なためだ。

外務省は各国事情により対応するという方針だが、課題も多い。日本政府がワクチンを確保して移送するにしても現地輸送便および接種環境が整備されなければ不可能だ。

これに伴い、各国公館が法令および支援の必要性、ワクチン運送システムなどを調査している。このうち日本政府が米国製薬会社ファイザーのベルギー工場から輸入する約45万回接種分のワクチンが21日午前、日本に到着した。今回は第2便で、これに先立つ第1便の物量約38万回分は12日に到着した。

日本政府はこのワクチンで17日から医療従事者を対象に先行接種を始めた。19日午後5時まで合計5039人がワクチンを接種し、このうち2人にじんましんや悪寒など比較的軽い副作用と見られる症状が現れたと首相官邸は明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本政府、在外国民にも新型コロナワクチン接種支援方針

    2021.02.22 07:19
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス感染症ワクチン
    TOP