주요 기사 바로가기

韓国首相「26日からアストラゼネカのワクチン接種始まる…コロナの形勢逆転する重大な1週間」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.21 10:24
0
丁世均(チョン・セギュン)首相が20日、アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン流通を総括するSKバイオサイエンス本社を訪れ、関係者らに徹底した備えを求めた。

丁首相は「24日にアストラゼネカのワクチンが初めて出荷され、26日には新型コロナウイルスの形勢が逆転する歴史的な韓国で初のワクチン接種が始まる。重大な1週間となるだろう」と明らかにした。

その上で「韓国政府は国の能力を総動員して今回のワクチン接種を必ず成功裏に推進し、国民のみなさんに1日も早く日常を回復させられるよう最善を尽くしたい」と付け加えた。

彼はまた、「短時間で全国民を対象に接種がされなければならないため緊張を緩めずに隙のない流通管理に努力してほしい」と話した。

一方、丁首相はアストラゼネカのワクチンを委託生産するSKバイオサイエンスの安東(アンドン)工場をワクチン初出荷日の24日に直接訪れ激励する計画だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP