주요 기사 바로가기

欧州でワクチン不足問題も…「問題ない」と自信を表す韓国政府

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.25 09:52
0
欧州で新型コロナウイルス感染症ワクチンの供給が不足し、各国政府がワクチン製造会社を相手に訴訟を警告するなど混乱が生じているが、韓国政府は「国内ワクチン需給計画に問題はない」という立場だ。

ロイター通信は23日、「今年1-3月期に欧州連合(EU)に供給されるアストラゼネカ・オックスフォード大のワクチンの初期物量は3100万回分と予想される」とし「これは1-3月期の約束物量8000万回分の39%水準」と伝えた。アストラのワクチンは今月末に欧州医薬品庁(EMA)の承認を受ければ来月中旬からEU27加盟国に供給される予定だ。ウォールストリートジャーナル(WSJ)はアストラゼネカの生産性改善作業が遅れたと報じた。

EUが6億回分を契約したファイザー・ビオンテックのワクチンも初期供給物量が予想より少なくなる見込みだ。これに先立ちファイザーはベルギー生産施設の拡充工事のため今後の数週間はワクチン出荷量を減らすと明らかにした。これを受け、欧州・北米でのワクチン接種に支障が生じている。BBCは22日、独ノルトライン=ヴェストファーレン州とイタリアの一部の地域で接種が先週一時中断し、スペインのマドリードでも医療スタッフの接種が中断したと報じた。イタリア・ドイツ・スペインなどEU加盟国は最近、ワクチン供給量が計画より20-50%減少したと明らかにした。カナダ保健当局はファイザーが来週の供給分量の納品を延期し、今後3週間は供給量が大きく減少すると伝えた。

一部の欧州の国はワクチン供給会社に対する法的措置にまで言及している。イタリアのコンテ首相は23日、フェイスブックに「アストラゼネカのワクチン供給量縮小は深刻な契約違反であり、あらゆる法的措置を考慮する」と明らかにした。ポーランドもアストラゼネカとファイザーへの法的対応を警告した。ハンガリーはEUの承認を受けていないロシアのスプートニクVワクチンを承認し、供給契約を結んだ。

ワクチン不足現象は米国でも見られた。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は22日、「供給されたワクチンの物量の97%を使用し、近く消耗する」と述べた。ルイジアナ州とニュージャージー州もワクチン不足を訴えた。

こうした状況で韓国の疾病管理庁中央防疫対策本部は24日、「韓国ではSKバイオサイエンスが生産するアストラゼネカのワクチンを1-3月期から供給する予定であり、現在のところ計画に変動はない」と明らかにした。政府は韓国では国内生産ワクチンから供給されるため供給に支障はないとみている。国内ではSKバイオサイエンスがアストラゼネカのワクチンとノババックスのワクチンを委託生産する。

韓国では2月初めにCOVAXファシリティー(ワクチン国際共同購入方式)でファイザーワクチン5万人分が最初に供給され、旧正月連休前に新型コロナ患者を担当する第一線の医療関係者に接種する予定だ。2月中旬には国内で生産したアストラゼネカのワクチン75万人分が第1次として供給される。アストラゼネカのワクチンは計1000万人分が順に供給される。

モデルナのワクチン2000万人分とヤンセンのワクチン600万人分が4-6月期に、ファイザーの1000万人分が7-9月期にそれぞれ入ってくる。ノババックスもSKバイオサイエンスとの技術導入契約を通じて国内生産ワクチン2000万人分を供給する。COVAXを通じて計1000万人分のワクチンの購買契約をしたが、最初の物量となるファイザーのワクチン5万人分以外については、どの種類のワクチンがいつ入ってくるかがまだ決まっていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    欧州でワクチン不足問題も…「問題ない」と自信を表す韓国政府

    2021.01.25 09:52
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス感染症ワクチン
    TOP