주요 기사 바로가기

故ク・ハラさん、死去1周忌…私たちの「プリティガール」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.11.24 09:47
0
故ク・ハラさんの死去1周忌を迎えた。

KARA出身の歌手ク・ハラさんは2019年11月24日自宅で亡くなった。享年29歳。花のように美しい年で先に亡くなった彼女を忘れられないファンと知人の追悼が続いている。

ク・ハラさんは2008年ガールズグループKARAで歌謡界にデビューした。最初から一躍スターになったわけではなかった。チームを知らせるためにメンバーが奮闘していた中、2ndミニアルバム『Pretty Girl』で人気を呼び始めた。

故人が有名になった代表的なバラエティ番組はSBSバラエティ『青春不敗』だった。愛おしイメージの裏に気さくな姿で愛された。2014年所属事務所DSPメディアと再契約し、KARAは韓国と日本を行き来しながら活動した。日本でもKARAは韓流ガールズグループを代表した。2015年ソロアルバムを発表した後、翌年所属事務所との契約に終止符を打って女優としての活動のために新しい事務所を探した。

その後、カカオテレビのドラマ『足跡の音』の主人公に出演し、オリーブテレビ『ソウルメイト』、JTBC4『My Mad Beauty Diary』のMCとしても活躍した。特に『ソウルメイト』に出演して学生時代の同窓らと茶目っ気いっぱいな日常を公開して目を引いた。そのような愛おしい姿を後にして突然の悲報を伝えた。

死去後にはク・ハラさんの実母が現れて実兄のホインさんと遺産相続で法的紛争を繰り広げた。ホインさんは養育の義務をあきらめた両親が死亡した子供の遺産を受けることができないようにする「ク・ハラ法」の立法を促している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    故ク・ハラさん、死去1周忌…私たちの「プリティガール」

    2020.11.24 09:47
    뉴스 메뉴 보기
    故ク・ハラさん
    TOP