주요 기사 바로가기

韓経:「5000億円の赤字」に耐えられないANA…「社員出向受け入れを」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.26 09:08
0
日本最大の航空会社の全日本空輸(ANA)が自社の社員をトヨタ自動車など他の会社に出向させる異例の対策を出す。今年創立以来最大規模となる5000億円前後の赤字が予想され、固定費を減らそうとする苦闘と解釈される。

25日の読売新聞によると、ANAは27日に7-9月期業績を発表し、トヨタなど複数の企業に自社社員の出向受け入れを要請する計画だ。ANAの社員出向は所属をANAで維持したままトヨタなど相手企業と複数の雇用契約を結び出向先の社員と同じ待遇を受けるもの。派遣会社の所属で元請け企業から業務命令だけ受ける派遣とは違いがある。出向方式により今後ANAとの雇用契約を解除してトヨタなど相手先企業の社員として転職することも可能だ。

ANAが他の企業に自社社員の出向受け入れを要請する異例の措置を下したのは、固定費の30%を占める人件費を減らすためだ。ANAは社員出向のほかにも2022年まで新入社員採用を中断し、自社社員の転職を誘導することで社員数を3500人ほど減らす計画だ。これは4万6000人に達する全社員の10%に達する規模だ。このほか社員の給与削減、大型航空機の売却などを通じて今年800億円のコストを減らすという目標を立てた。今年5000億円の赤字が予想され新型コロナウイルス流行が長期化しているのにともなう生き残り戦略だ。

コスト削減とともに航空事業に偏った事業構造を変える作業にも着手する。産経新聞はANAグループが4000万人に達するマイレージ会員情報を活用して保険など金融事業を展開する「ANA X」と旅行商品を販売する「ANAセールス」の子会社2社を来年初めに統合すると報道した。新たな収益モデルを作り現在75%に達する航空事業の割合を引き下げる試みと分析される。ANAグループ関係者は「再び新型コロナが流行すると(会社が)終わってしまう」と話した。

日本2位の航空会社である日本航空(JAL)も新型コロナウイルスの余波で大規模赤字に苦しめられている。日本経済新聞は30日に業績を発表するJALは7-9月期に850億円の純損失を出したと報道した。航空旅客需要が前年同期より97%急減し市場が予想した715億円の赤字より赤字幅が大きくなった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP