주요 기사 바로가기

韓経:韓国の株価下落がアジア最大になった理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.25 10:13
0
KOSPI(韓国総合株価指数)がおよそ1カ月ぶりに2300を割った。KOSDAQも800台割れに迫った。米国株式市場がハイテク株を中心に急落し、新興国の株式市場に対する調整心理を刺激したという分析だ。7-9月期に入って上昇幅が大きかったうえ、調整局面がほとんどなかった韓国株式市場で投資家の売りが続き、アジア株式市場で下落幅が最も大きくなった。秋夕(チュソク、中秋)連休を控えてリスクを避けようとする売りも増えたというのが、証券業界の説明だ。

KOSPIは24日、2.6%下落した2272.55で取引を終えた。先月20日に3.66%下落して2300割れがあったが、およそ1カ月ぶりにまた2300を下回った。この日、KOSDAQは4.32%下落して806.98で取引を終えた。3月23日(5.13%)以来の下落幅だ。KOSPI市場とKOSDAQ市場のそれぞれ時価総額上位20銘柄のうち唯一、SKハイニックスの株価(0.84%)だけが値上がりした。

アジア株式市場の中ではKOSPIの落ち幅が最も大きかった。日経平均、ハンセン指数、上海総合などアジア株式市場は1%台の下落だった。台湾加権指数は2.54%落ちた。加権指数はKOSPIとともにアジア株式市場のうち新型コロナ事態から早期に回復した指数に挙げられる。ハイ投資証券のチョ・イクジェ専門委員は「米国株式市場が9月に入ってハイテク株を中心に調整局面を迎えても、韓国株式市場は相対的に調整局面が少なかった」とし「これまで上昇した株式市場に対する差益実現欲求が強まった状況であるだけに、2100台後半まで調整されるだろう」と予想した。

証券業界では調整局面がしばらく続くという見方が多い。欧州の新型コロナ再拡大と米国発の追加景気浮揚策合意不発の懸念が強いからだ。株価が急落する時期に1兆ウォン分の株式を購入して指数を支えてきた個人投資家も投資パターンの変化を見せているのではという分析もある。この日、株式市場で個人の買い越し額は3500億ウォンをわずかに超える程度だった。

米大統領選に対する不確実性も投資心理を冷え込ませている要因だ。ユジン投資証券のビョン・ジュンホ・リサーチセンター長は「新型コロナに対応する世界各国の政策カードが消耗されている」とし「米大統領選まで追加の浮揚策の合意が容易でないという点も負担」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP