주요 기사 바로가기

韓国、8月の輸入車販売が大幅増加…日本車、昨年7月以来のプラス

ⓒ 中央日報日本語版2020.09.04 10:07
0
韓国自動車市場で輸入車の販売が大幅に増えた。特に日本車の販売は昨年7月から始まった不買運動以降初めて増加した。

韓国輸入自動車協会は8月の輸入車新規登録台数が2万1894台と、前年同月(1万8122台)比で20.8%増えたと明らかにした。

特にBMWが同比69.0%増の7252台で最多だった。BMWが1位になったのは2017年12月以来2年8カ月ぶり。2位のベンツは6030台で同比10.5%減少した。3位のアウディは2022台で同比9倍に増えた。

次いでテスラ(1319台)、ミニ(1107台)、フォルクスワーゲン(881台)、レクサス(704台)、ポルシェ(560台)、フォード(454台)、トヨタ(433台)、ジープ(411台)、ボルボ(336台)の順となった。

一方、日本ブランドの乗用車の新規登録は1413台と、前年同月(1398台)比で1.1%増加した。昨年7月に日本の輸出規制の余波で不買運動が始まって以来13カ月ぶりの増加となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、8月の輸入車販売が大幅増加…日本車、昨年7月以来のプラス

    2020.09.04 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    トヨタ・プリウス [写真=韓国トヨタ]
    TOP