주요 기사 바로가기

韓経:日本の輸出規制の余波…釜山港の物流量伸び悩む

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.20 07:54
0
釜山港の今年の物流量が目標に達しない見込みで、競争力を失っているという懸念が出ている。今年の釜山港の物流量増加率は2010年以降の最低だ。米中貿易紛争の余波のほか、日本の輸出規制で触発した韓日経済戦争のためだ。

釜山港湾公社は今年末までに新港と北港の9カ所のターミナルで処理する物流量は計2190万TEU(1TEU=20フィートコンテナ1個)となる見込みで、昨年の2166万TEUに比べ1.1%増にとどまると19日、発表した。港湾工事が今年目標にした2250万TEUより60万TEU少ない。今年の増加率1.1%は韓進(ハンジン)海運破産の余波で0.2%減少した2016年を除いて2010年以降最も低い。

全体の物流量のうちで韓国の輸出入(1032万7000TEU)は0.9%増、釜山港で積み替えて第3国に向かう貨物(1157万4000TEU)は1.3%増と、港湾公社は推定した。2010年(18.3%)と2011年(13.6%)は2けた増加率で、2012-15年までは3.8-6%増、2017、18年にはそれぞれ5.3%増と5.7%増だった。

今年の釜山港の物流量が例年に比べて振るわないのは積み替え貨物の増加率が1.3%と、期待された7%台を大きく下回ったからだ。港湾公社の関係者は「釜山港の積み替え貨物で米国・中国が占める比率は50%に近い」とし「両国が相手国の輸出品に高率の報復関税を適用して貿易量が減ったのが直接的な要因」と分析した。また「米中貿易紛争による高率関税適用を控えて昨年11、12月に押し込む量が急増した影響で、今年の増加率が相対的に低かった」と説明した。

グローバル船会社の来年の物流量見通しもそれほど明るくない。

港湾公社が釜山港に寄港する上位20の船会社を対象に調査した結果を見ると、来年の釜山港の予想物流量は今年比1.5%増の2222万4000TEUだった。輸出入は1.3%増、積み替えは1.6%増と予想した。

港湾公社の来年の目標量は今年比3.2%増の2260万TEU。米中貿易紛争の緩和と世界経済回復による貿易量増加、韓国船の東南アジアサービス拡大、東京オリンピック(五輪)開催などで積み替え物量が増える可能性があるからだ。来年から強化される国際海事機関(IMO)の船舶排出ガス規制で船会社が燃料価格の負担を減らすため、中国北部港湾への直行を減らして釜山港で積み替えを増やす可能性も考慮したと説明した。

船会社と契約して貨物を直接処理する釜山港埠頭運営会社はほとんど来年の物流量が今年並みにとどまると予想し、港湾公社の目標とは相当な隔たりがあった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:日本の輸出規制の余波…釜山港の物流量伸び悩む

    2019.12.20 07:54
    뉴스 메뉴 보기
    釜山港新港 韓経DB
    TOP