주요 기사 바로가기

<野球>25年ぶりリーグ優勝を合作、広島の2人の男

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.12 09:33
0
読売ジャイアンツ-広島カープの試合が行われた10日の東京ドーム。広島の先発・黒田博樹(41)と4番打者・新井貴浩(39)は6-4で勝った後、抱き合って涙を流した。なんと25年ぶりに広島をセリーグ優勝に導いた2人の主人公は感激のためしばらく言葉を続けることができなかった。

黒田は1997年に広島に入団した後、2006年まで103勝を挙げたエースだ。チームの戦力は低かったが、2005年に最多勝投手となった。しかし黒田は2007年、「また日本に戻るのなら広島だけ」という言葉を残してメジャーリーグに行った。そしてLAドジャースとニューヨーク・ヤンキースで7年間に79勝をマークした。黒田は2015シーズンを控えて8年ぶりに広島に復帰した。マイアミが提示した年俸1800万ドルを拒否して4億円で契約した黒田は「優勝するために帰ってきた」と語った。

広島出身の新井は在日(韓国名パク・グィホン)だ。1999年に広島に入団した新井は2005年に本塁打王となった。「広島で引退したい」という新井もFA資格を取得した2008年に阪神に遺跡した。しかし新井は2014年に古巣の広島に戻った。紆余曲折の末、また会った2人は変わらない実力を見せた。黒田は昨年11勝、今年9勝をマークした。新井は打率3割0分4厘、18本塁打、98打点(1位)をマークしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP