주요 기사 바로가기

朴大統領「慰安婦問題、韓日関係の新たな出発の最初のボタン」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.25 09:12
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で、韓日議員連盟の額賀福志郎会長らと会い、「韓日関係の象徴的な懸案は日本軍慰安婦問題」とし「これが韓日関係の新たな出発の最初のボタンになるだろう」と述べた。「被害者と国民の心を傷つける退行的な言動が繰り返されないのが、両国の信頼が築かれ、関係を発展させていくのに重要だと考えている」と話しながらだ。慰安婦問題が首脳会談の前提条件だという点を明確にしたのだ。

安倍首相は朴大統領との首脳会談を強く希望している。同席した韓国議員によると、額賀会長もこの日、「安倍政権は(太平洋戦争当時の植民支配と日本軍慰安婦についてそれぞれ謝罪した)村山・河野談話を継承する。対話を通じた韓日関係の改善を希望する」という安倍総理の口頭メッセージを朴大統領に伝えたという。

しかし朴大統領の返答は終始一貫していた。朴大統領は「過去に首脳会談を開催した後にむしろ関係が後退した経験を教訓とし、事前に十分な準備をして首脳会談が成功するよう、誠意ある努力が先になければならない」と述べた。

次は出席者が伝えた問答。

朴大統領=「(口頭メッセージを伝えた後)私も会いたいと思う。しかし元慰安婦の女性54人が生きている間にすべての名誉を回復できる、納得できるほどの措置があることを期待する。

額賀会長=近いうちに国際会議が3つ(北京APEC首脳会議、G20首脳会議、ASEANプラス3首脳会議)があるが、首脳が笑顔で気軽に会い、外交チャネルを通じて誠意を持って話し合えば良い結果が出るのではないだろうか。

朴大統領=良い話だが、成功するように進めなければいけない。会っても良い結果がなければ、さらに失望を与え、さらに悪くなることもある。過去にそのような例もあった」

額賀会長=理解する。両国ともに難しい状況であるだけに出口を開くためには両首脳が会って気軽に話し、外交チャネルに方法を見いだすよう指示することはできないだろうか。

朴大統領=良い話だが、万が一、失敗すればどうするのか。

朴大統領は「いま生存している被害者の方が高齢であり、この方々が生存している間に名誉を回復できる措置を期待している」とし、慰安婦問題に対する日本の誠意ある措置を改めて促した。「日本の反韓デモとヘイトスピーチ(特定民族に対する憎悪を表す演説)などは日本の国格にも合わず、日本の大半の国民も賛成していないと聞いている」という指摘もしたという。

ある出席者は「額賀会長が『気軽』に会ってほしいという話をすると、日本側に『大統領は国家元首なので軽い気持ちで会うのは難しい』と状況を説明したところ、日本側の人たちは会談後『大統領は厳格』『(首脳会談は)容易でない』と話していた」と雰囲気を伝えた。

21日に訪韓した谷内正太郎国家安全保障局長も23日、安倍首相に「11月の国際会議(北京APEC)で首脳会談を実現させるのは難しい」と伝えたと、日本経済新聞が報じた。同紙は、谷内局長は金寛鎮(キム・グァンジン)青瓦台国家安保室長らに会ったが、慰安婦問題の隔たりを埋められなかった、と伝えた。慰安婦問題に対する立場を変えない限り、額賀会長をはじめとする日本議員も谷内局長と同じ結論を出す可能性が大きい状況だ。

この日の会談には額賀会長をはじめとする日本側代表団12人と韓国側の徐清源(ソ・チョンウォン)会長、姜昌一(カン・チャンイル)幹事長らが同席した。親朴系の元老である徐会長が朴大統領に公開的な席で会ったのは就任後初めてとなる。韓日議員連盟所属の日本側代表団は25日の合同総会のために訪韓した。この席で初めて日本軍慰安婦問題を扱う。

政府関係者は「今まで慰安婦問題は政府に任せて特別な案を出さなかったが、この問題を議員らが本格的に扱うことになったのは一つの進展」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「慰安婦問題、韓日関係の新たな出発の最初のボタン」

    2014.10.25 09:12
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)を訪問した額賀福志郎会長(左)ら日韓議員連盟代表団と会談した。朴大統領はこの席で、「来年は韓日国交正常化50周年だが、今は新しい韓日関係のために努力しなければならない重要な時間であるだけに、議員連盟の皆さんの多くの役割を期待している」と述べた。左から額賀会長、徐清源(ソ・チョンウォン)韓日議員連盟会長、朴大統領、直嶋正行副幹事長、中谷元副会長。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP