주요 기사 바로가기

リゾートの体育館が崩壊…大学の新入生歓迎行事が悲劇に 大雪の影響か=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.18 09:21
0
警察と消防当局は、組み立て式で建てられた体育館の屋根が60センチ以上積もった雪の重みに耐えられず崩れたと見ている。事故が発生した体育館は内部に柱がない。その上、屋根はサンドイッチパネルになっており雪の重さに耐えるには充分でない可能性もあるというのが専門家たちの見解だ。通常1平方メートルに雪10センチが積もった場合、その重さは約14キログラムに達する。体育館の屋根の広さが1200平方メートルに達するという点を勘案すれば、積雪全体の重さが100トンに達するという計算が出てくる。

最近、慶州市のあちこちでは大雪にともなう崩壊事故が相次いでいた。マウナオーシャンリゾートがある慶州市陽南面で5棟が雪の重さに勝てず崩れ、慶州市北部洞(プクプドン)にある小学校の講堂の鉄製の屋根もやはり雪のために崩落した。雪は9日に振り始めて12日から集中的に降っていた。事故が起きた17日にも雪が続いて救助隊がケガ人を病院に運ぶのに苦労していた。

専門家たちは「天気が暖かく雪が溶けながら水気を含んでさらに重くなった可能性がある」と診断する。建国(コングク)大学アン・ヒョンジュン教授(建築学科)は「雪が水を含めば非常に重くなる」として「特に崩れた体育館のような組み立て式の建物は、屋根が傾斜しておらず雪の重さにも脆弱だ」と話した。アン教授は「慶州は雪があまり降らない地域なので、体育館工事について雪の荷重を特に考慮しなかった可能性も排除できない」と話した。

事故がおきた慶州マウナオーシャンリゾートは2006年11月1日にオープンした。運営企業はコーロングループ系列のマウナオ-シャン開発だ。事故がおきるとコーロンは京畿道果川(キョンギド・クァチョン)の本社に緊急対策本部をつくった。コーロンのイ・ウンニョル会長(58)もこの日深夜0時過ぎに対策班に出てきた。コーロン側は「今回の事故は耐えがたい気持ちで胸を痛めており、人命救助と事故収拾に最善を尽くしたい」と明らかにした。
リゾートの体育館が崩壊…大学の新入生歓迎行事が悲劇に 大雪の影響か=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP