주요 기사 바로가기

ゴールデンディスク大賞の少女時代と2AMが涙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.10 09:45
0



2010年ゴールデンディスク大賞の主人公は、少女時代と2AMだった。9日に開かれた第25回ゴールデンディスク大賞授賞式で、少女時代は今年1年間にもっとも多くの音楽ソフトを販売した歌手として、2AMは最も多くの音楽収入を上げたグループとしてそれぞれ認められた。この日午後7時から3時間にわたり高麗(コリョ)大学化汀(ファジョン)体育館で行われた授賞式で、少女時代はセカンドアルバム「Oh!」でディスク部門大賞を受賞した。男性グループの2AMは、「死んでも離さない」でデジタル音源部門大賞の栄誉に輝いた。

ゴールデンディスク賞は、音楽ソフト販売量を中心に選定する国内最高権威の歌謡賞だ。音楽ソフト販売量で1次候補を選定した後、ファンらの人気投票、3回にわたる執行委員会議を経て最終確定した。

少女時代は大賞受賞者に確定すると互いに抱き合って涙を流した。スヨンは足首の負傷で授賞式に出席できなかったティファニーについて触れ、「大きな賞を受賞したのに9人が一緒に来られずとても残念だ。9人をかわいく育ててくれた両親に感謝を捧げる」と泣き出しそうな顔を見せた。

音源部門の大賞を受賞した2AMのチョ・グォンは、「このような大きな賞をいただき心から感謝したい」と述べ涙を見せた。チョ・グォンが言葉を続けられなくなるとスロンが代わりにあいさつを締めくくった。

タレントのタク・ジェフンとチェ・ソンヒョンの司会で行われた授賞式は3000人余りの歌謡ファンらが詰めかける中で今年1年を沸かせた歌手らが総出動しステージを飾った。特に最近のK-POPブームを立証するように日本、中国、台湾、タイなどアジア各国のファンらも多く訪れた。司会のタク・ジェフンは、「70万人のアジアのファンがゴールデンディスク人気投票に参加した」と伝えた。


【今日のイチオシ記事】
・日本が朝鮮のために戦った日本人武将の記念碑を建てた理由
・北朝鮮をかばって孤立する中国…一歩遅れて深刻性を認識
・クローバーを食べていた北朝鮮の浮浪者が死亡
・ゴールデンディスク大賞の少女時代と2AMが涙
・LGディスプレー、談合罰金に不服 控訴方針


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ゴールデンディスク大賞の少女時代と2AMが涙

    2010.12.10 09:45
    뉴스 메뉴 보기
    少女時代(写真上)が受賞の感想を述べている。2AM(写真下)はトロフィーを掲げた。
    TOP