女優イ・ウンジュさんが自殺

女優イ・ウンジュさんが自殺

2005年02月22日15時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドラマ『火の鳥』、映画『ブラザーフッド(太極旗を翻して)』などに出演し人気を博した女優兼タレントのイ・ウンジュ(25)さんが、自宅のマンションで首をつって自殺した。

  22日午後1時10分ごろ、京畿道城南市盆唐区藪内洞(キョンギド・ソンナムシ・ブンダング・スネドン)にある自宅のドレスルームで、イ・ウンジュさんが死亡しているのをイさんの兄(28)が発見した。ドレスルームにある移動型ハンガーにベルトをかけ、首をつって死亡したもようだ。

  警察によると、イさんは一緒に暮らしている母・兄と同午前6時まで話をしていたが、途中で自分の部屋に入っており、同午後1時すぎまで出てこないのを変に思った兄が、イさんの部屋に入ったところ、イさんがドレスルームで首をつって死んでいるのを発見した。発見した当時、イさんの部屋にあるベッドには血こんがあり、イさんの手首には自殺しようとしたこん跡が残っていた。

  また、「お母さん、お兄さん、ごめんなさい」という内容の遺書も発見された。家族によると、イさんは昨年10月に封切りした映画『スカーレットレター』に出演して以来、不眠症できちんと眠れずにいて、露出するシーンを撮ったことについて悩んでいたという。

  民放MBCテレビ(文化放送)のドラマ『火の鳥』で大人気を博し、『ブラザーフッド』、『オー!スジョン』、『バンジージャンプをする』など多数の映画に出演したイさんは今月18日、檀国(タングック)大・演劇映画科を卒業した。

  警察は、イさんの家族らを相手に正確な死亡経緯と動機などを取り調べている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事