<よしもとばななインタビュー>「俳優イ・スンギを主人公にした小説を連載中」(1)

<よしもとばななインタビュー>「俳優イ・スンギを主人公にした小説を連載中」(1)

2013年04月24日16時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本の作家よしもとばなな氏。
  日本、東京・下北沢の閑静な住宅街。路地の間をさ迷ったあげく青いタイルの外壁に可愛らしい黄色のバナナとアルファベットのBの彫刻品がついた家が現れた。日本国内では『キッチン』などで広く知られた作家・よしもとばなな氏(49)の事務所だ。最近、長編作品『サウスポイントの恋人』(民音社、日本作品名『サウスポイント』)を韓国で出版した彼女に会った。

  小説は、米国ハワイのサウスポイントを背景にした初恋の奇跡についての話だ。お互いに初恋の気持ちを抱いていた少女テトラと少年珠彦は、別れた後偶然に出会って愛を成就する。“期限付き恋人”であるハチとマオの話の初期作『ハチ公の最後の恋人』の続編的な性格が強い。

  「『ハチ公の最後の恋人』の登場人物はとても若く、人生を知らない状態で決断を下したでしょう。でも人生は簡単に終えられるものではなく、ずっと続いていくのだというのを見せてあげたかったのです」。

  彼女は今回の小説で「男という存在の、どうしようもない未熟な部分を描きたかった」と言う。本当に好きな人ができれば、会いたくても行けずに頭の中にだけ理想的な姿を描く少年のような姿を作品に込めたかったとのことだ。

  ハワイは小説のあちこちに染み込んでいる。ハチとマオ、テトラと珠彦の愛が奇跡的に成就するサウスポイントでは、すべての記憶がなくなるような特別な経験をした。イオラニ宮殿に幽閉されたリリウオカラニ王女が、友人の送ったキルトでなぐさめられたという話に感銘を受け、女の主人公テトラをキルトアーティストに設定した。

  いつものように今回の作品もあたたかい。彼女の感性的な文体とあたたかい視線は傷ついた人の心をいたわる。

  “癒しの小説”をひときわ多く使う理由が気になった。「感受性が強くて辛い気持ちを抱えている人のために文を書きたいのです。そんな人々は特別な才能があって創造的なのに、孤立している場合が多いのです。彼らに安息所を提供するのが私の本です」。

<よしもとばななインタビュー>「俳優イ・スンギを主人公にした小説を連載中」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事