口蹄疫が拡散、種雄牛の精液を守れ

口蹄疫が拡散、種雄牛の精液を守れ

2010年01月21日09時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   忠清南道瑞山市雲山面(チュンチョンナムド・ソサンシ・ウンサンミョン)の韓牛改良事業所が非常事態となった。京畿道(キョンギド)北部地域で発生した口蹄疫のためだ。韓牛改良事業所は農協中央会が1982年に設立した国内唯一の韓牛改良機関。遺伝的に優良な韓牛を生産するために設立されたところだ。

  韓牛改良事業所の種雄牛50頭は毎年、精液ストロー200万本を生産して供給している。全国の韓牛の雌牛の98%にあたる130万頭がここから精子を受けて受胎する。韓牛のメッカであるこの地域に口蹄疫が発生すれば、国内韓牛生産への支障が避けられなくなる。韓牛改良事業所の半径500メートル以内で口蹄疫が発生すれば、韓牛改良事業所内の牛と精液はすべて殺処分・廃棄しなければならない。

  まず事業所側は18日、雄牛の精液を他の場所に移した。韓牛改良事業所内の100平方メートル規模の「種雄牛精液保管倉庫」には、円筒形の液化質素タンク(高さ1.2メートル、直径1メートル)が30個ある。タンク内の液化窒素は氷点下196度を維持している。

  タンク内にはボールペンの芯ほどのプラスチック棒がぎっしりと並んでいる。ストローと呼ばれるこの棒には種雄牛の精液が0.5ccずつ入っている。ストロー1本当たり6000-8000ウォン(約500-650円)で供給されている。雌牛1頭を受精させられる分量だ。液化窒素タンク1個には最大3万5000本のストローを収納できる。

  職員らは円筒形タンク15個を取り出し、特殊車両に載せて大田(テジョン)近隣の保管倉庫に移した。タンクの中には計22万本のストローが入っている。保管中の精液44万本の半分だ。

  この日の作業は、韓牛改良事業所から10キロほど離れた瑞山市音岩面(ソサンシ・ウマムミョン)のある乳牛農家から「口蹄疫の疑いがある」という申告が入ったことで取られた措置だった。チェ・ジョンチョン主任は「乳牛は陰性という検査結果が出たが、万全を期して種雄牛の精液を守るために急いで移した」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事