怒りを抑えられない韓国社会…なぜ?(上)(2)

怒りを抑えられない韓国社会…なぜ?(上)(2)

2009年11月24日16時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◇競争的な社会環境が犯罪量産=最高検察庁によると、この5年間で偶発的な殺人・強盗・放火・性的暴行事件の比率は24%(03年)から36%(昨年)まで増えた。 99年までこうした偶発的事件の比率は21.5%にすぎなかった。

  特に殺人事件はこうした偶発的犯罪の割合が高い。 今年上半期、全国で起きた殺人事件(664件)の半分以上(364件、54.8%)が偶発的殺人だった。 賭博で5万ウォンを得た友人が勝ち逃げしようとしたという理由で殺害(1月・ソウル竜山)したり、自分のことを「ブタ」と呼んだという理由で屋台の主人を殺害(6月、慶北・軍威)した事件だ。

  専門家は「競争的な社会雰囲気が怒りの調節に障害を起こす社会をつくる」と説明する。 東国(トングク)大学警察行政学科のクァク・デギョン教授は▽家族中心主義の解体▽行き過ぎた競争--を問題に挙げた。 「きちんとした職業を持たない人たちは自分の期待と現実の乖離感を感じて苦しむが、これをなだめる家族がいないため、とんでもないところに怒りを表出したりする」ということだ。

  イ・スジョン教授は「孤独者や疎外階層の一部は自らを社会の被害者と考え、他人が自分を無視するという妄想を抱くことがある」とし「妄想が激しくなれば‘自分がその人たちを懲らしめてやる’という考え方をして犯罪を起こす」と分析した。

  自然な感情表現を容認する文化が一部の副作用を招くという分析もある。 セブランス病院精神科のキム・オス教授は「この数十年間で韓国社会の雰囲気が‘抑制・自制’よりも‘表出・行動化’を奨励する方向に変わった。 幼い頃から感情を抑える訓練を受けていない人が増えているようだ」と語った。

  実際、今でも50・60歳代の女性の場合、自分の感情を押さえ込むために生じる‘火病(ファビョン)’で病院へ行くケースが多い半面、若者層は憤怒を調節できず病院に来るケースが多いという。

怒りを抑えられない韓国社会…なぜ?(上)(1)


【ホットクリック】

・ 24番目開発援助委員会(DAC)会員国となった韓国の課題は
・ NHK、東方神起の「紅白歌合戦」出演を発表
・ 【コラム】韓国でアイドルとして生きるには…
・ <スターデート>打率2割2分9厘でシーズン終えた李承燁
・ 早々にアフリカに注目してきた日中、韓国は…
・ LG電子、インドネシアで液晶テレビのシェア1位
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事