Crayon Pop、衣装盗作反論「ノイズマーケティングする理由ない」

Crayon Pop、衣装盗作反論「ノイズマーケティングする理由ない」

2013年11月25日13時24分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
Crayon Pop(クレヨンポップ)。
  グループCrayon Pop(クレヨンポップ)の所属事務所が、最近大きくなっているCrayon Popの衣装盗作論争について公式見解を明らかにした。

  所属事務所のクロムエンターテインメント側は24日午後、報道資料を通じて「クリスマスツリーがあたえる象徴的イメージがある。したがってクリスマスツリーをまねたすべての衣装はその象徴的イメージに従うほかはない」との公式の立場を明らかにした。

  さらに「各層に分かれた緑色の葉、葉の端にかかった雪、ここに各種の飾りやツリーの上の星などは誰でも思い出せるクリスマスツリーの象徴的なイメージの構成要素であろう」として「Crayon Popがグラビア撮影時に着た衣装は、こうしたクリスマスツリーの象徴的イメージをそのまま形象化した。一般的なコンセプト(クリスマスイメージ-サンタ・ツリー・ルドルフ・プレゼントなど)の特定のイメージから始まるデザインは類似性が目立つのは仕方がない」と明らかにした。

  さらに、意図的なノイズマーケティングではないのかという一部のネットユーザーの意見について「Crayon Popは路上公演から始めて多くの困難を越え、今やっと多くの方々の関心と愛を受けることになった。このような大事な時にCrayon Popのイメージを傷つけてノイズマーケティングを行う理由がない。かえって毒になる」と話した。

  所属事務所側は「すでにCrayon Popは、ももいろクローバーZを模倣したのではないかとの論争を一度経験している。このような状況でイメージが命のアイドルグループを意図的に再び盗作に巻き込むような芸能企画会社はない」と強調した。

  また「18日のグラビア撮影時に公開したツリー衣装は、新曲『クリスマス』活動の衣装ではない。『クリスマス』という曲で活動時に着ることになる衣装は現在完成段階で、ヘルメットコンセプトがそのまま維持される予定だ」と明らかにした。引き続き「現在、あるケーブル放送のファッション番組でCrayon Popの『クリスマス』に関連した撮影を進行中だ。この番組で『クリスマス』活動衣装のコンセプトを決めてプロモーションビデオを制作する過程を含めている」で付け加えた。

  Crayon Popはあるオンラインコミュニティに「Crayon Popまたコンセプト盗作」という題名の文が掲載されて衣装盗作論争に巻き込まれていた。該当の掲示文はCrayon Popが日本のガールズグループももいろクローバーZの衣装コンセプトを盗作したと主張していた。

  掲示板の中にはCrayon Popが26日公開する『クリスマス』のコンセプト写真と、ももいろクローバーZのメンバー有安杏果のクリスマスコンセプト写真が掲載されている。Crayon PopとももいろクローバーZの衣装はいずれもクリスマスツリー形の緑色のワンピース、頭の上に大きな装飾と服の形態が似ており、ネットユーザーの間で盗作か否かをめぐって激しい論争が続いていた。

  ちなみにCrayon Popは『パパパ』の活動時にも、ヘルメットやジャージ衣装がももいろクローバーZと似ているとの指摘を受けたことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事