国籍放棄者の親のうち教授など9人の名簿を公開

国籍放棄者の親のうち教授など9人の名簿を公開

2005年05月17日20時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  野党ハンナラ党・洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員は17日、国籍法改正案が可決された後、続出している国籍放棄者の親のうち、公務員と国公立大教授の名簿を公開した。

  法務部がこの日、洪議員に提出した資料「国籍放棄申告者の親のうち公務員の現況」に記された名簿は、全南(チョンナム)大・キム某、ヤン某両教授をはじめ、釜慶(ブギョン)大学校・ベック某教授、忠北(チュンブック)大学・チョ某教授、江陵(カンルン)大・キム某教授、情報通信部(情通部)のキム某氏、中央労働委員会・ソン某氏、小学校教師・ジン某氏、退職した公務員・ベク氏、以上9人だった。うち情通部のキム氏は、今月13日に国籍放棄の申告を取り下げている。法務部は、名字だけを公開し名前は匿名で処理した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事