サムスン電機、日本メーカーの特許侵害訴訟で無効判決

サムスン電機、日本メーカーの特許侵害訴訟で無効判決

2011年04月25日10時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の電子メーカー村田製作所が三星電機を相手取り米国際貿易委員会(ITC)に提起した特許侵害訴訟で、関連事実を立証できないという無効判決を受けた。村田製作所は2009年にITCに三星電機が積層セラミックコンデンサー(MLCC)製造部門の特許を侵害したとして合わせて4件の訴訟を提起し、昨年に構造関連訴訟1件を取り下げた。村田製作所はITCの最終判定後、60日以内に米連邦控訴裁判所に控訴することができる。

【ホットクリック】

・サムスン電機、日本メーカーの特許侵害訴訟で無効判決
・キム・ヨナ、「約束の地」ロシアで悪縁と再会
・韓国鉄道公社で脱線事故…精密点検発言後わずか10日目
・ギラード豪首相が気になる北朝鮮兵士
・韓流歌手、5月も日本活動スケジュールをキャンセル
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事