「金正恩氏が掌握できない市場に制裁がどのような影響を及ぼすか見守る必要がある」

「金正恩氏が掌握できない市場に制裁がどのような影響を及ぼすか見守る必要がある」

2017年09月13日13時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米カリフォルニア大学サンディエゴ校のステファン・ハガード客員教授。
  北朝鮮の経済専門家である米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のステファン・ハガード客員教授は12日「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は多くのことを統制できるが、市場を掌握することはできない」とし「制裁の効果は市場を通じて作用し、制裁が市場にどのように影響を及ぼすかが最も重要だ」と話した。

  彼はこの日、ソウル都染洞(ドリョムドン)の外交部庁舎で中央日報とのインタビューを通じて前日、国連安全保障理事会を通過した新たな対北制裁決議2375号に対してこのように話した。彼は「北朝鮮問題を解決する魔法の弾丸があるのではなく、多少成功の可能性がある戦略を作り出すのが重要だ」とし「制裁の目的は北朝鮮を再び交渉のテーブルに戻らせるだけでなく、核兵器プログラムの開発を継続するためにはより高い費用がかかるようにすること」と説明した。

  原油制裁をめぐっては「より多く制限すれば苦痛を感じる確率が増加するが、北朝鮮がどのように反応するかは数字や量が決定するのではない」とし「制裁が市場にどのように影響を及ぼすかが重要なポイント」と話した。

  彼は「市場が恐慌状態に陥れば、闇市でより多い資金が必要となり、その効果は軍隊や体制に直接的な影響を及ぼすことになる」とし「ビジネス・雇用などにはさらに広範にわたって影響を及ぼしかねないが、このすべては金正恩氏が統制することはできない」と話した。

  彼は中国をめぐって「誰も6カ月前には中国が北朝鮮にガスと石油供給を制限することに賛成するとは思わなかったが、今回かなり劇的な結果を出した。北朝鮮の繊維輸出7億5000万ドル(約825億3000万円)もかなり多い資金だが、この部分(輸出禁止)も中国が受け入れた」と評価した。

  新たな制裁で金正恩氏・金与正(キム・ヨジョン)氏が含まれていないことに対しては「金正恩氏が香港に『金正恩』という名前で口座を持ってはいないだろう」とし、「彼らとの取り引きを統制することが象徴的な価値を持つが、おそらく金正恩氏を交渉テーブルに戻らせるためには否定的に働く可能性がある。外した方が賢明だったと考える」と話した。

  ハガード教授は「北朝鮮は対中関係で大規模の経常収支赤字を体験しており、より大きくなっている」とし「決議が通過したからといってすぐに翌日に北朝鮮の経済が崩れるわけではないが、落ち着いて待ちながらどのようなことが起きるかを見守る必要がある」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事