<日中に挟まれた韓国証券市場>国債格付け2回上昇しても微動だにしない韓国証券市場

<日中に挟まれた韓国証券市場>国債格付け2回上昇しても微動だにしない韓国証券市場

2015年10月21日10時05分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「製造業と同じように韓国の株式市場も中国と日本の間に挟まれた『サンドイッチ』の境遇だ。外国人投資家の目にはうまみのない市場だろう」

  ある外資系証券会社代表は韓国KOSPI指数が数年にわたり退屈なボックス圏内に閉じ込められている理由をこのように説明した。中国や日本よりも経済活力が落ちて政府のリーダーシップが弱まった状況では、国債格付け上昇のような大型好材料も力にならないと強調した。

  国際格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は先月15日、韓国の格付けをAプラスからAAマイナスに上げた。2012年9月(A→Aプラス)以降3年ぶりの上方修正だった。だが過去3年余りの間にKOSPI指数の上昇率は1.13%に過ぎなかった。2012年17兆ウォン台に達した有価証券市場の外国人の純買い入れは今年1兆8900億ウォン水準にとどまっている。

  一方、国債格付けが下方傾向の日本の株式市場は上昇街道を疾走している。S&Pは2011年1月に日本をAAからAAマイナスに下げたのに続き、先月16日にはAプラスまで落とした。この期間に日本のトピックス指数(東京証券取引所1部)は60.89%も上がった。外国人の純買い入れ規模は225兆ウォン(23兆8000億円)に達した。

  有価証券市場の株価純資産倍率(PBR)は0.95倍で日本(1.6倍)よりもはるかに低い。それだけ株価が低評価されているという話だ。それでも外国人が韓国市場を冷遇するのは企業成長性が落ちているからだ。有価証券市場の上場企業の純利益は2010年(87兆5868億ウォン)にピークをつけた後、4年連続で減少した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事